就職 難易度のTOPに戻る
「就職 難易度」トップ >  就職難易度のコラム > 人間関係が良い会社で働きたい方はこちら


人間関係が良い会社で働きたい方はこちら

人間関係が良い会社で働きたい方は、まず転職活動の方法を知っておきましょう。
就職・転職活動をする際、企業を探す方法はいくつかあります。

その特徴や、メリット・デメリットをお伝えします。

【ネットや求人誌の求人情報を見る】
ネットや求人誌で求人情報を得ることができます。
<メリット>
・気軽に求人情報を集めることができる
<デメリット>
・どの企業が自分に合っているかわからない
・ブラック企業かどうかを見極められない
・応募企業の面接対策ができない
・企業の口コミや評判を確認できない
・自分に合っている企業かどうかわからない

やはり、デメリットの方が大きいです。

【大学のキャリア支援センターで探す】
※大学生に限る。
大学生であれば、学内のキャリア支援センターに就職の相談をする人が多いです。
<メリット>
・OBの情報も含め相談できる
<デメリット>
・子供が減っている時代のため、大学も経営に必死。大学の就職先を気にする傾向にあり、有名企業しか紹介してない
・自分に合う企業かどうかわからない
・ブラック企業かどうかを見極められない
・応募企業の面接対策ができない
・企業の口コミや評判を確認できない
・キャリア支援センターの相談員に聞いてもわからない

デメリットも多いようです。

【ハローワークで求人を探す】
「就職・転職ならハローワーク」と思う方もまだまだ多いようです。
<メリット>
・ネットや求人誌の求人情報には書いていない、詳細が書いてある求人票が見れる
<デメリット>
・ハローワークに行かなければならない
・閲覧できる求人票の数に制限がある
・ハローワーク職員さんに話を聞けるが、詳しい相談はできない
・ハローワークは企業が無料で求人票を出せるため、ブラック企業や資金力のない企業の求人票も混じっている
・どの企業が自分に合っているかわからないし、ハローワーク職員さんに聞いてもわからない
・ブラック企業かどうかを見極められない
・応募企業の面接対策ができない
・企業の口コミや評判を確認できない
・自分に合っている企業かどうかわからない

となっています。
やはりデメリットも多いですし、事実ハローワークのミスマッチトラブルは多いです。
ハローワークで求人票と労働条件が異なるケースは2015年度中に3926件あったと厚生労働省から発表がありました。
ミスマッチトラブルに遭い、申し出をしなかった人(泣き寝入りした人)はこれに含みませんから、この数字は氷山の一角といっても良いでしょう。

【転職エージェントに企業を紹介してもらう】
転職エージェントとは「人材紹介会社」とも言います。
ハローワークは企業が無料で求人票を出せるため「無料人材紹介」と言い、
転職エージェントは人材が欲しい企業にとっては民間の有料サービスのため「有料人材紹介」と言われています。
※求職者は無料です。
<メリット>
・忙しくても転職エージェントに企業をピックアップしてもらえる
・転職エージェントにお金を払って人材を獲得したい企業が求人票を出しているため、資金力のある転職先候補が多い
<デメリット>
・超大手転職エージェントは対応が雑なことがある
・超大手転職エージェントは求職者の登録に対し相談に対応できる人材が足りず、登録者の3割程度しか相談対応できない
・人材を紹介して企業から紹介料をもらうビジネスのため、超大手転職エージェントは紹介しやすい人だけ相談対応したり、紹介手数料が高い企業ばかりを紹介してくることがある
・超大手転職エージェントの担当者はノルマがあり、求職者に合わない企業や、ブラック企業でも、紹介手数料のために紹介してくることがある
・超大手転職エージェントの場合、「押し込み」といって、「あなたはこの会社しかない!」と無理やり担当者の意中の会社に就職させようとしてくることがある。そうなるとミスマッチが起こりやすい
・超大手転職エージェントだと相談にのってくれないことがある(メールだけ)

となっています。
有名な超大手転職エージェントだと色々とトラブルもあるようです。
※ビジネスなので仕方ないところもありますが。

就職・転職の方法で一番良いのは、
『きちんと相談にのってくれて、ご自身に合う企業を紹介してくれる信頼できる転職エージェントに相談すること』です。

信頼できる転職エージェントの情報はこちら
関連コンテンツ

信頼できる転職エージェント

信頼できる転職エージェントの一覧です。 就職・転職をしたい方は、きちんと相談にのってくれて、ご自身に合う会社を紹介してくれる、下記の信頼できる転職エージェントに相談してみると良いでしょう。 ↓・・・

未経験でも稼ぎたい方はこちら

未経験でも稼ぎたい方のために、信頼できる就職・転職の相談窓口をご紹介します。 『ワークポート』 ワークポートは信頼できる転職エージェントです。 ワークポートさんの「転職相談サー・・・

手に職をつけたい方はこちら

手に職をつけたい方のために、信頼できる就職・転職の相談窓口をご紹介します。 『ワークポート』 ワークポートは信頼できる転職エージェントです。 ワークポートさんの「転職相談サービ・・・

年収900万円にしたい方はこちら

年収900万円にしたい方は、選ぶ業種が重要です。 業種によっては、どう頑張っても年収900万円に届かないものもあります。 年収900万円に届く可能性のある業種を選択しなければいけません。 ・・・

年収800万円にしたい方はこちら

年収800万円にしたい方は、選ぶ業種が重要です。 業種によっては、どう頑張っても年収800万円に届かないものもあります。 年収800万円に届く可能性のある業種を選択しなければいけません。 ・・・

年収700万円にしたい方はこちら

年収700万円にしたい方は、選ぶ業種が重要です。 業種によっては、どう頑張っても年収700万円に届かないものもあります。 年収700万円に届く可能性のある業種を選択しなければいけません。 ・・・

年収600万円にしたい方はこちら

年収600万円にしたい方は、選ぶ業種が重要です。 業種によっては、どう頑張っても年収600万円に届かないものもあります。 年収600万円に届く可能性のある業種を選択しなければいけません。 ・・・

年収500万円にしたい方はこちら

年収500万円にしたい方は、選ぶ業種が重要です。 業種によっては、どう頑張っても年収500万円に届かないものもあります。 年収500万円に届く可能性のある業種を選択しなければいけません。 ・・・

転職の相談窓口の選び方

就職・転職活動をする際、企業を探す方法はいくつかあります。 その特徴や、メリット・デメリットをお伝えします。 【ネットや求人誌の求人情報を見る】 ネットや求人誌で求人情報を得ることができます・・・

メーカーエンジニアの就職相談

信頼できる製造系の転職エージェントさんの情報です。 『メイテックネクスト』 メイテックネクストは製造系エンジニアで最も実績のある転職エージェントです。 エンジニア求人が常に10000・・・

面接の自己紹介

面接はまず自己紹介から始まることが多いです。 自己紹介は名前をフルネームで名乗り、過去の職務経歴を1分程度で簡潔に話します。 面接官は、面接者の第一印象やコミュニケーション力、職務経験、職・・・

志望動機は必ず聞かれる

「志望動機」は100%聞かれます。 志望動機に必要なのは「企業分析」です。 まずは志望する企業のことを徹底的に調べましょう。 面接を受ける企業のことを良く知っておくのは最低限必要です・・・

長所と短所を聞かれたら

長所や短所は面接の中盤で聞かれることが多いです。 面接官は、面接者の短所が業務に支障をきたすかどうかをチェックしています。 王道ではありますが「短所を長所に見せる」という技は有効です。 ・・・

あなたを採用するメリットは?

「当社があなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれることがあります。 採用担当者としては、とてもストレートな質問です。 簡単に言うと、企業は「即戦力」を求めていることが多いです。 ・・・

職務経歴の答え方

面接では職務経歴を必ず聞かれます。 今まで培ってきた職務経歴が、自社にどのように活かせるかを見られます。 業務経験が多い場合や、保有資格が多い場合などは、それらを簡潔に伝えて、その中で特に・・・

キャリアプランを聞かれたら

「今後どうなりたいか」というキャリアプランは聞かれます。 「仕事において今後どうなっていきたいか」という未来の話です。 まだ起きていない未来の話ですから何を言っても良いわけですが、面接する・・・

前職退職理由をどう伝えるか

採用面接では100%と言っていいほど「前職の退職理由」を聞かれます。 現実的にはネガティブな理由で前職を退職する人も多いですが、面接では前職の退職を「ポジティブな退職」として伝えなければいけませ・・・

前職の不満をどう伝えるか

「前職でどんな不満を持っていたか」を聞かれることがあります。 100%自分に合う会社など存在しません。 誰でも「会社に対する不満」は少なからずあると思います。 この質問では、ネガティ・・・

あなたにとって仕事とは?

「あなたにとって、仕事とは何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問には抽象的に答えるのではなく、具体的に答えることが望まれます。 一番良い回答は、その企業自体が考えている「仕事」に・・・

他に受けている企業は?

「当社以外に採用試験を受けている会社はありますか?」という質問は聞かれます。 本当に他にも受けている場合は、正直にそのことを伝えるのが面接のルールです。 採用担当者は、他の企業にこの人材が・・・