就職 難易度のTOPに戻る
「就職 難易度」トップ >  就職難易度のコラム > 年収500万円にしたい方はこちら


年収500万円にしたい方はこちら

技術・スキルがあれば稼ぐことはできます。

今の時代は「手に職」「技術・スキル」があることが一番の安定です。

「くいっぱぐれがない」「手に職をつける」「技術・スキルをつける」という点で言うと、
・営業
・建設
・IT
・製造
が代表的です。

「営業」のスキルが身につけばくいっぱぐれはありません。

売上をあげられる人はどの企業も欲しがります。

営業スキルがあればどんな業界に進むこともできます。

営業職は特に資格もいらないことが多く、未経験でも始められます。

ただし、売上が悪いと給料が下がったりクビになることもあるため、厳しい仕事です。

売れれば年収は高くなり、評価も上がります。

営業職の最大のメリットは「人脈」ができることです。

仕事や会社が変わっても人脈はなくなりません。

人生の大きな財産である「人脈」を早くに作ることができます。

将来起業したい人にもおすすめの仕事です。

「建設」はものづくりの仕事です。

建設といっても、職人さんや現場作業員ではなく、「施工管理」の仕事は長く続けられます。

施工管理とは、どちらかというとデスクワークや現場監督業がメインのため、現場作業系の仕事ではありません。

女性は「CAD」と言われる設計ソフトを使って、建築物の設計などを行うことが多いです。
覚えることは多いですが、人材が不足しているため技術が身につけば年収は高くなります。

未経験からきちんと教育してくれる会社はあります。

もちろん、お給料をもらいながら知識を学びます。

ただし、建設業の中でしか転職ができないことが多いです。

自分の仕事が地図に残るというやりがいはあります。

建築物に興味のある人には面白い仕事です。

施工管理や設計の仕事は30代でも未経験から始められます。

「IT」はものづくりの仕事です。

この業種も覚えることはとても多いですが、技術が身につけば年収は高くなります。

常に人が不足しているため、仕事に困ることはありません。

未経験からきちんと教育してくれる会社はあります。

※ただし、まだブラックな会社も多いため、会社選びがとても重要です。

もちろん、お給料をもらいながらスキルを高めていきます。

ITは選択肢の多い業界です。

現代の生活にはほとんどITが絡んでいます。

ITは自動車、建設、スポーツ、飲食、医療、美容・・・あらゆるジャンルでITが使われています。

ITの仕事はあらゆるジャンルに関わることができ、その中から「自分の本当にやりたいこと」を探していくのも1つの方法です。

ITの技術が身につけばどんな業界の仕事もできますし、一度他の業界に行ってもまたIT業界に戻ってこられる可能性もあります。

「人生の選択肢が広い仕事」と言えると思います。

ただし、未経験で始められるのは20代〜30代までです。

「製造業」は、いわゆる「ものづくり」に分類され、手先の器用さだけでなく問題を解決するアイデアを出せる柔軟な頭や期日通りに仕事を仕上げる遂行力が求められます。

製造業の魅力は、何と言っても自分でいろいろなものを作れることです。

何の変哲もない鉄板が見る見るうちにさまざまなものへと姿が変わっていく過程に関われる楽しさや、自分の思い通りに加工できる面白さといった、「ものづくりをする」ということ
の根本的な楽しさを何度でも味わえるのです。

製造業で使える資格を取っていれば一生食べていけます。

製造業は「作る量=仕事量」なので、毎日何かを作っている仕事があればそれが収入に繋がります。

しかも技能職なので、資格を持っていれば手当も付いて同世代の会社員よりもより多くの給与を得られます。

それに製造業は「残業=工場の稼働時間が伸びて経費増加」に繋がるので、出来るだけ定時の内に仕事を終わらせることを旨としていて、万が一残業が必要になった場合は残業代もちゃんとつくようになっていることが多いです。

会社によっては未経験でも始めることができます。

デメリットは休みがとりにくいことです。

※もちろん向き不向きはあります。

稼げる会社や仕事に就職・転職をしたい方は、きちんと相談にのってくれて、公開されていない会社の情報も教えてくれて、ご自身に合う会社を紹介してくれる信頼できる転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

信頼できる転職エージェントの情報はこちら
関連コンテンツ

面接の自己紹介

面接はまず自己紹介から始まることが多いです。 自己紹介は名前をフルネームで名乗り、過去の職務経歴を1分程度で簡潔に話します。 面接官は、面接者の第一印象やコミュニケーション力、職務経験、職・・・

志望動機は必ず聞かれる

「志望動機」は100%聞かれます。 志望動機に必要なのは「企業分析」です。 まずは志望する企業のことを徹底的に調べましょう。 面接を受ける企業のことを良く知っておくのは最低限必要です・・・

長所と短所を聞かれたら

長所や短所は面接の中盤で聞かれることが多いです。 面接官は、面接者の短所が業務に支障をきたすかどうかをチェックしています。 王道ではありますが「短所を長所に見せる」という技は有効です。 ・・・

あなたを採用するメリットは?

「当社があなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれることがあります。 採用担当者としては、とてもストレートな質問です。 簡単に言うと、企業は「即戦力」を求めていることが多いです。 ・・・

職務経歴の答え方

面接では職務経歴を必ず聞かれます。 今まで培ってきた職務経歴が、自社にどのように活かせるかを見られます。 業務経験が多い場合や、保有資格が多い場合などは、それらを簡潔に伝えて、その中で特に・・・

キャリアプランを聞かれたら

「今後どうなりたいか」というキャリアプランは聞かれます。 「仕事において今後どうなっていきたいか」という未来の話です。 まだ起きていない未来の話ですから何を言っても良いわけですが、面接する・・・

前職退職理由をどう伝えるか

採用面接では100%と言っていいほど「前職の退職理由」を聞かれます。 現実的にはネガティブな理由で前職を退職する人も多いですが、面接では前職の退職を「ポジティブな退職」として伝えなければいけませ・・・

前職の不満をどう伝えるか

「前職でどんな不満を持っていたか」を聞かれることがあります。 100%自分に合う会社など存在しません。 誰でも「会社に対する不満」は少なからずあると思います。 この質問では、ネガティ・・・

あなたにとって仕事とは?

「あなたにとって、仕事とは何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問には抽象的に答えるのではなく、具体的に答えることが望まれます。 一番良い回答は、その企業自体が考えている「仕事」に・・・

他に受けている企業は?

「当社以外に採用試験を受けている会社はありますか?」という質問は聞かれます。 本当に他にも受けている場合は、正直にそのことを伝えるのが面接のルールです。 採用担当者は、他の企業にこの人材が・・・

志望企業を選ぶ基準は?

「あなたが志望企業を選ぶ基準は何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問は、面接者が仕事で何を重要視しているかがわかります。 仕事環境なのか、社風なのか、人間関係なのか、給料なのか、・・・

現在の年収と希望年収は?

「現在の年収と希望年収を教えてください」と聞かれることがあります。 面接は「ビジネスの場」ですから、これは言い方を変えると「金額交渉」の場面でもあります。 「あなたと年間いくらで契約させて・・・

第二新卒は不利?

第二新卒者は採用に不利と言われることもありますが、企業のニーズに合致すれば全く問題ありません。 ただ、新卒採用の会社を若くして数年で辞めてしまうという点は、一般的にはマイナス評価になってもおかし・・・

周りからどう評価されている?

「あなたは周りの人からどのように評価されていますか?」と聞かれることがあります。 この質問は、人間関係や自分を客観的に捉えているかなどが見られています。 客観的に自己分析ができている人の方・・・

最近気になったニュースは?

時事に関しては採用面接で聞かれます。 普段から新聞やニュースを見ていて、時事に関心のある人であれば良いのですが、普段からその習慣がない人は、新聞やニュースを見るようにしてください。 近年は・・・

何か質問はありますか?

「最後に何か質問はありますか?」という質問は「面接の終わり」を意味しています。 しかし、唯一面接者から面接官に質問が許される場面でもあります。 仕事に関することで不明点があれば、この場を借・・・

感銘を受けた本は?

採用面接では「最近、感銘を受けた本は何ですか?」と聞かれることがあります。 普段から本を読まない人は、採用面接の前に必ず何冊か本を読んでおいてください。 この質問は「普段から本を読んでいる・・・

建設業界の将来性

建設業界は大きな転換期を迎えています。 近年は、建設業界を取り巻く環境が大きく動いた時代でした。 東北の復旧・復興 アベノミクスによって公共事業が復調 2020年の東京オリンピック決定・・・

建設の求人情報に注意

建設業界では人員が足りていません。 求人情報を見てみると、聞こえの良い求人広告が山のように見受けられます。 ですが、下記のような求人広告には注意してください。 「向上心のある方、歓迎!」・・・

職人の注目資格

建設業は職人さんがいなかったら成り立ちません。 現場で実際に建物を建てるのは職人さんです。 ですが、その大切な職人さんは社会保険や雇用保険がないなど、福利厚生がしっかりしていないことや・・・