就職 難易度のTOPに戻る
「就職 難易度」トップ >  就職難易度のコラム > 年収3000万円の税理士


年収3000万円の税理士

年収3000万円程度の税理士をご紹介します。

勤務税理士の場合は、数十名〜百名以上規模の会計事務所の所長になると年収3000万円程度です。

勤務税理士でここまで来れる人は税理士全体でも数人です。

税理士で年収3000万円稼ぎたい」という方は、勤務税理士で年収3000万円を稼げる可能性はほぼないと言っていいでしょう。

開業税理士の場合は、開業税理士であれば年収3000万円以上を稼いでいる人が、少ないですがいます。

多くの顧問先がある

顧問先の年商が億以上

月の平均顧問料が10万円以上

かなり高いレベルのコンサルティングができるため、税理士顧問料とは別に、コンサルティング料を毎月数十万円〜数百万円もらっている

良い人材を雇っているので、スケジュールには少し余裕がある

雇っている人材もスキルが高い

記帳代行、申告業務、決算対応、生命保険、セミナー講師もする

財務コンサルティングを行っており、これが一番の収入になる

資金調達コンサルティングもできる

資金繰り改善コンサルティングもできる

過去会計ではなく「未来会計」のコンサルティングができる

利益計算ではなく「利益計画」のコンサルティングができる

企業の「現状で獲得できる利益」ではなく「獲得すべき利益」のコンサルティングができる

企業の「利益○○百万円をあげるためには、どれだけの売上高が必要か」のコンサルティングができる企業が「どこに手を打てば利益が出るか」のコンサルティングができる

「売上高」「変動費」「粗利益」「固定費」「経常利益」の違いを深く理解しコンサルティングができる

企業が「売上をいくらにするか」より「お金をいくら残すか」「いくら儲けなければいけないのか」のコンサルティングができる

企業の経営計画を立てられる

資金調達のためだけの銀行好みの決算書に走り過ぎない、全体を把握する

開業当時から一貫して1つのことを言い続けている、ふわふわしない

目の前の問題だけではなく、企業の将来を見据えた経営コンサルティングを行っている。

一般的な「税理士業務」以外のことができる

税理士業務以外のキャッシュポイントが多い

集客の仕組みを持っている

媒体を持っている

異業種交流会等には参加しない

紹介が止まらない

ビジネスモデルが創れる


という開業税理士は年収3000万円程度です。

税理士として成功するには、「営業力や新規開拓力」「コンサルティング能力」「紹介を生み出す仕組み」「顧問料以外のキャッシュポイントをつくる力」「優秀な人材を獲得する仕組み」「ビジネスモデルをつくる力」の6つの力が必要です。

開業税理士として成功していくためには2つの条件があります。

年収2000万円以上の税理士と一緒に仕事をすることです。

セミナーやコンサルに頼んでも根本が良くならなければ無駄なお金を払って終わりです。

いつまでたっても変わりません。

できる税理士と一緒に仕事をすることが、一番成長が早いです。

もう1つは、人材育成をする気がある志の高い税理士と一緒に仕事をすることです。

年収2000万円以上稼いでいても、人材育成する気がない税理士がほとんどです。

下手に育成して独立されると困るからです。

税理士業界を変えたい」というくらいの高い志で人材育成をし、「どんどん独立しろ」というくらいの気概のある税理士のところで一緒に仕事をすることです。

実際にこの年収層の税理士の方はこのようなことができている税理士が多いといえます。年
収1500万円クラスの方は1人で力で仕事を取ってくる方も多いのですが、3000万円となると
それだけでは難しい
ので、このような方法を使って年収を上げていかないとなかなか手の届かないというところになってきます。

税理士事務所・会計事務所への就職・転職を考えているが、どこの事務所が自分に一番良いかわからない」という場合は、税理士・会計士や税理士・会計士を目指す人の無料相談を受けている公平中立な第三者窓口に相談してみると良いでしょう。

税理士・会計士や税理士・会計士を目指す人の無料相談を受けている公平中立な第三者窓口」として、『全国職業相談センター』をご紹介します。

全国職業相談センター」は人材紹介会社ではありません。

就職・転職やお仕事の公平な第三者の相談窓口として、無料で相談を受けている機関です。

税理士さん・税理士を目指している方・自分に合う事務所に就職したい方の職業相談も受けている公平中立な立場の相談窓口です。

人材紹介会社に税理士事務所・会計事務所を紹介されたが第三者の意見を聞きたい
就職・転職したい事務所があるが、本当に大丈夫な事務所かどうか第三者の意見を聞きたい
などの『就職・転職のセカンドオピニオン相談』や、
「現在の仕事・事務所の相談」
「今の仕事を辞めたい人の相談」
などの相談も無料で受けています。

匿名での相談も可能です。

就職・転職する事務所を決定する前に、気軽に相談してみると良いでしょう。

『全国職業相談センター』へのお問い合わせはこちら

「全国職業相談センター」の裏側が分かるメルマガも配信されています。

人材紹介会社、転職サイト、ネット上では知り得ない生々しい情報を配信しています。

就職難易度サイト管理者も毎回購読させていただいていますが、当サイトの重要な情報源の一つとなっています。

「全国職業相談センター」の無料メルマガ登録はこちら
関連コンテンツ

信頼できる転職エージェント

信頼できる転職エージェントの一覧です。 就職・転職をしたい方は、きちんと相談にのってくれて、ご自身に合う会社を紹介してくれる、下記の信頼できる転職エージェントに相談してみると良いでしょう。 ↓・・・

介護職で派遣で働きたい方はこちら

派遣で介護職で働きたい方のための、信頼できる転職の相談窓口の情報です。 『きらケア派遣』 「きらケア」は介護業界に特化して派遣サービスを行っているため、人間関係、離職率、雰囲気、評判など、・・・

介護で就職・転職はこちら

介護職で就職・転職したい方のための、信頼できる相談窓口の情報です。 『きらケア』 「きらケア」は介護業界に特化して就職・転職サービスを行っているため、人間関係、離職率、雰囲気、評判など、職・・・

就活生の就職相談はこちら

就活生・大学生の方のための、信頼できる就職の相談窓口の情報です。 『ハタラクティブ』 優良企業、上場企業の情報や求人が多数あります。 採用の成功率は約80%と高いです。 最短2・・・

20代の転職相談はこちら

20代の方のための、信頼できる就職の相談窓口の情報です。 『ハタラクティブ』 未経験からでも正社員採用が狙えます。 自分に合う仕事・会社を発見できる「自分発見カウンセリング」をしてく・・・

フリーター、既卒の就職相談はこちら

フリーター、既卒の方のための、信頼できる就職の相談窓口の情報です。 『ハタラクティブ』 未経験からでも正社員採用が狙えます。 正社員採用の成功率は約80%と高いです。 過去にフ・・・

IT・Webの転職相談はこちら

IT・Webの信頼できる転職エージェントの情報です。 『レバテックキャリア』 エンジニア・クリエイター専門エージェントだから手に入れられる、非公開求人があります。 現場プロジェ・・・

面接の自己紹介

面接はまず自己紹介から始まることが多いです。 自己紹介は名前をフルネームで名乗り、過去の職務経歴を1分程度で簡潔に話します。 面接官は、面接者の第一印象やコミュニケーション力、職務経験、職・・・

志望動機は必ず聞かれる

「志望動機」は100%聞かれます。 志望動機に必要なのは「企業分析」です。 まずは志望する企業のことを徹底的に調べましょう。 面接を受ける企業のことを良く知っておくのは最低限必要です・・・

長所と短所を聞かれたら

長所や短所は面接の中盤で聞かれることが多いです。 面接官は、面接者の短所が業務に支障をきたすかどうかをチェックしています。 王道ではありますが「短所を長所に見せる」という技は有効です。 ・・・

あなたを採用するメリットは?

「当社があなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれることがあります。 採用担当者としては、とてもストレートな質問です。 簡単に言うと、企業は「即戦力」を求めていることが多いです。 ・・・

職務経歴の答え方

面接では職務経歴を必ず聞かれます。 今まで培ってきた職務経歴が、自社にどのように活かせるかを見られます。 業務経験が多い場合や、保有資格が多い場合などは、それらを簡潔に伝えて、その中で特に・・・

キャリアプランを聞かれたら

「今後どうなりたいか」というキャリアプランは聞かれます。 「仕事において今後どうなっていきたいか」という未来の話です。 まだ起きていない未来の話ですから何を言っても良いわけですが、面接する・・・

前職退職理由をどう伝えるか

採用面接では100%と言っていいほど「前職の退職理由」を聞かれます。 現実的にはネガティブな理由で前職を退職する人も多いですが、面接では前職の退職を「ポジティブな退職」として伝えなければいけませ・・・

前職の不満をどう伝えるか

「前職でどんな不満を持っていたか」を聞かれることがあります。 100%自分に合う会社など存在しません。 誰でも「会社に対する不満」は少なからずあると思います。 この質問では、ネガティ・・・

あなたにとって仕事とは?

「あなたにとって、仕事とは何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問には抽象的に答えるのではなく、具体的に答えることが望まれます。 一番良い回答は、その企業自体が考えている「仕事」に・・・

他に受けている企業は?

「当社以外に採用試験を受けている会社はありますか?」という質問は聞かれます。 本当に他にも受けている場合は、正直にそのことを伝えるのが面接のルールです。 採用担当者は、他の企業にこの人材が・・・

志望企業を選ぶ基準は?

「あなたが志望企業を選ぶ基準は何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問は、面接者が仕事で何を重要視しているかがわかります。 仕事環境なのか、社風なのか、人間関係なのか、給料なのか、・・・

現在の年収と希望年収は?

「現在の年収と希望年収を教えてください」と聞かれることがあります。 面接は「ビジネスの場」ですから、これは言い方を変えると「金額交渉」の場面でもあります。 「あなたと年間いくらで契約させて・・・

第二新卒は不利?

第二新卒者は採用に不利と言われることもありますが、企業のニーズに合致すれば全く問題ありません。 ただ、新卒採用の会社を若くして数年で辞めてしまうという点は、一般的にはマイナス評価になってもおかし・・・