就職 難易度のTOPに戻る


年収300万円の税理士

年収300万円程度の税理士をご紹介します。

勤務税理士の場合は、従業員数名から十数名の会計事務所で、税理士資格のない人は年収約300万円程度です。

地域性や勤務体系にもよりますが、ほとんどが事務作業です。

簿記2級、税理士科目合格程度の知識・経験を有する者、基本的なPCスキル(word、excel)などの知識やスキルが必要です。

税理士事務所は残業がつきものです。

確定申告時期などはかなり帰りが遅くなることも覚悟しておく必要があります。

開業税理士の場合は開業して間もない、開業したがうまくいっていない開業税理士の年収も、ばらつきがありますがだいたい300万円程度です。

もちろん人によっては300万円より下の人もいます。

開業したてでまだ顧問先が少ない

自分にしかできないサービスがない

他の税理士と差別化が図れていない

記帳代行、申告業務、決算対応などしかやっていない

新規開拓ができていない

営業が苦手

営業で「税理士いかがですか?」というアプローチをしている

営業で「税務・会計いかがですか?」というアプローチをしている

ホームページを持っていない

仕事が法人ではなく個人が多い

コンサルティング力が低い

キャッシュポイントは税務申告と会計だと思っている

税理士資格をとることに力を使い果たしてしまった人

税理士になれば食えると勘違いしていた人

「税理士は偉い」と思っている

「年収を上げるのは知識の量だ」と思っている

フロントエンドとバックエンドの意味を理解していない

集客の仕組みを持っていない

媒体を持っていない

2000〜3000円代の異業種交流会によく参加している

紹介が出ない

ビジネスモデルを創れない


という税理士は年収が300万円程度です。

税理士として成功するには、「営業力や新規開拓力」「コンサルティング能力」「紹介を生み出す仕組み」「顧問料以外のキャッシュポイントをつくる力」「優秀な人材を獲得する仕組み」「ビジネスモデルをつくる力」の6つの力が必要です。

開業税理士として成功していくためには2つの条件があります。

年収2000万円以上の税理士と一緒に仕事をすることです。

セミナーやコンサルに頼んでも根本が良くならなければ無駄なお金を払って終わりです。

いつまでたっても変わりません。

できる税理士と一緒に仕事をすることが、一番成長が早いです。

もう1つは、人材育成をする気がある志の高い税理士と一緒に仕事をすることです。

年収2000万円以上稼いでいても、人材育成する気がない税理士がほとんどです。

下手に育成して独立されると困るからです。

税理士業界を変えたい」というくらいの高い志で人材育成をし、「どんどん独立しろ」というくらいの気概のある税理士のところで一緒に仕事をすることです。

税理士事務所・会計事務所への就職・転職を考えているが、どこの事務所が自分に一番良いかわからない」という場合は、税理士・会計士や税理士・会計士を目指す人の無料相談を受けている公平中立な第三者窓口に相談してみると良いでしょう。

税理士・会計士や税理士・会計士を目指す人の無料相談を受けている公平中立な第三者窓口」として、『全国職業相談センター』をご紹介します。

全国職業相談センター」は人材紹介会社ではありません。

就職・転職やお仕事の公平な第三者の相談窓口として、無料で相談を受けている機関です。

税理士さん・税理士を目指している方・自分に合う事務所に就職したい方の職業相談も受けている公平中立な立場の相談窓口です。

人材紹介会社に税理士事務所・会計事務所を紹介されたが第三者の意見を聞きたい
就職・転職したい事務所があるが、本当に大丈夫な事務所かどうか第三者の意見を聞きたい
などの『就職・転職のセカンドオピニオン相談』や、
「現在の仕事・事務所の相談」
「今の仕事を辞めたい人の相談」
などの相談も無料で受けています。

匿名での相談も可能です。

就職・転職する事務所を決定する前に、気軽に相談してみると良いでしょう。

『全国職業相談センター』へのお問い合わせはこちら


「全国職業相談センター」の裏側が分かるメルマガも配信されています。

人材紹介会社、転職サイト、ネット上では知り得ない生々しい情報を配信しています。

就職難易度サイト管理者も毎回購読させていただいていますが、当サイトの重要な情報源の一つとなっています。

「全国職業相談センター」の無料メルマガ登録はこちら
関連コンテンツ

面接の自己紹介

面接はまず自己紹介から始まることが多いです。 自己紹介は名前をフルネームで名乗り、過去の職務経歴を1分程度で簡潔に話します。 面接官は、面接者の第一印象やコミュニケーション力、職務経験、職・・・

志望動機は必ず聞かれる

「志望動機」は100%聞かれます。 志望動機に必要なのは「企業分析」です。 まずは志望する企業のことを徹底的に調べましょう。 面接を受ける企業のことを良く知っておくのは最低限必要です・・・

長所と短所を聞かれたら

長所や短所は面接の中盤で聞かれることが多いです。 面接官は、面接者の短所が業務に支障をきたすかどうかをチェックしています。 王道ではありますが「短所を長所に見せる」という技は有効です。 ・・・

あなたを採用するメリットは?

「当社があなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれることがあります。 採用担当者としては、とてもストレートな質問です。 簡単に言うと、企業は「即戦力」を求めていることが多いです。 ・・・

職務経歴の答え方

面接では職務経歴を必ず聞かれます。 今まで培ってきた職務経歴が、自社にどのように活かせるかを見られます。 業務経験が多い場合や、保有資格が多い場合などは、それらを簡潔に伝えて、その中で特に・・・

キャリアプランを聞かれたら

「今後どうなりたいか」というキャリアプランは聞かれます。 「仕事において今後どうなっていきたいか」という未来の話です。 まだ起きていない未来の話ですから何を言っても良いわけですが、面接する・・・

前職退職理由をどう伝えるか

採用面接では100%と言っていいほど「前職の退職理由」を聞かれます。 現実的にはネガティブな理由で前職を退職する人も多いですが、面接では前職の退職を「ポジティブな退職」として伝えなければいけませ・・・

前職の不満をどう伝えるか

「前職でどんな不満を持っていたか」を聞かれることがあります。 100%自分に合う会社など存在しません。 誰でも「会社に対する不満」は少なからずあると思います。 この質問では、ネガティ・・・

あなたにとって仕事とは?

「あなたにとって、仕事とは何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問には抽象的に答えるのではなく、具体的に答えることが望まれます。 一番良い回答は、その企業自体が考えている「仕事」に・・・

他に受けている企業は?

「当社以外に採用試験を受けている会社はありますか?」という質問は聞かれます。 本当に他にも受けている場合は、正直にそのことを伝えるのが面接のルールです。 採用担当者は、他の企業にこの人材が・・・

志望企業を選ぶ基準は?

「あなたが志望企業を選ぶ基準は何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問は、面接者が仕事で何を重要視しているかがわかります。 仕事環境なのか、社風なのか、人間関係なのか、給料なのか、・・・

現在の年収と希望年収は?

「現在の年収と希望年収を教えてください」と聞かれることがあります。 面接は「ビジネスの場」ですから、これは言い方を変えると「金額交渉」の場面でもあります。 「あなたと年間いくらで契約させて・・・

第二新卒は不利?

第二新卒者は採用に不利と言われることもありますが、企業のニーズに合致すれば全く問題ありません。 ただ、新卒採用の会社を若くして数年で辞めてしまうという点は、一般的にはマイナス評価になってもおかし・・・

周りからどう評価されている?

「あなたは周りの人からどのように評価されていますか?」と聞かれることがあります。 この質問は、人間関係や自分を客観的に捉えているかなどが見られています。 客観的に自己分析ができている人の方・・・

最近気になったニュースは?

時事に関しては採用面接で聞かれます。 普段から新聞やニュースを見ていて、時事に関心のある人であれば良いのですが、普段からその習慣がない人は、新聞やニュースを見るようにしてください。 近年は・・・

何か質問はありますか?

「最後に何か質問はありますか?」という質問は「面接の終わり」を意味しています。 しかし、唯一面接者から面接官に質問が許される場面でもあります。 仕事に関することで不明点があれば、この場を借・・・

感銘を受けた本は?

採用面接では「最近、感銘を受けた本は何ですか?」と聞かれることがあります。 普段から本を読まない人は、採用面接の前に必ず何冊か本を読んでおいてください。 この質問は「普段から本を読んでいる・・・

建設業界の将来性

建設業界は大きな転換期を迎えています。 近年は、建設業界を取り巻く環境が大きく動いた時代でした。 東北の復旧・復興 アベノミクスによって公共事業が復調 2020年の東京オリンピック決定・・・

建設の求人情報に注意

建設業界では人員が足りていません。 求人情報を見てみると、聞こえの良い求人広告が山のように見受けられます。 ですが、下記のような求人広告には注意してください。 「向上心のある方、歓迎!」・・・

職人の注目資格

建設業は職人さんがいなかったら成り立ちません。 現場で実際に建物を建てるのは職人さんです。 ですが、その大切な職人さんは社会保険や雇用保険がないなど、福利厚生がしっかりしていないことや・・・