就職 難易度のTOPに戻る
「就職 難易度」トップ >  就職難易度のコラム > あん摩マッサージ指圧師 就職難易度


あん摩マッサージ指圧師 就職難易度

あん摩マッサージ指圧師の就職難易度は、国家資格に合格しなければならないため、難易度は多少高いと言えるでしょう。

あん摩マッサージ指圧師の仕事は、あん摩・マッサージ・指圧の3つを組み合わせて行います。

手技を使って、体を押したり揉んだりすることで、こりや痛みを和らげます。

東洋医学に基づく施術であり、基本的には器具を使わず、手のみで施術を行います。

自然治癒力や免疫力を高めることを目的として、治療を行います。

あん摩マッサージ指圧師は「スポーツトレーナー」の国家資格としても有名です。

スポーツトレーナーとして仕事をしていきたい人は、取得しておきたい資格です。

就職先としては、治療院やマッサージ院も多いです。

患者さん宅に訪問してマッサージを行うこともあります。

ボディケア、クイックマッサージ、温泉施設、美容サロンなどもあります。

無資格のマッサージ施術者が多いので、有資格者は優遇されることが多いです。

あん摩マッサージ指圧師は開業権のある資格で、独立開業して治療院を開く人も多いです。

その他の勤務先は病院の整形外科、理学療法科、リハビリテーション科などがあります。

理学療法士とケガや病気の患者さんのリハビリテーションをサポートしています。

脳神経外科でも、頭痛や肩こりを緩和させるためにあん摩マッサージ指圧師が仕事をすることがあります。

また、介護福祉施設やデイサービスなどで、「機能訓練指導員」をしていることもあります。

高齢者の体の機能維持や体調維持を目的としています。

また、スポーツトレーナーとしての仕事も増えています。

スポーツ選手のケガの予防や、パーソナルトレーナーとして活躍する人もいます。

スポーツクラブでスポーツトレーナーとして働いたり、視覚障害者の学校や各施設で技術を
教える講師として働いている人も
います。

あん摩マッサージ指圧師の国家試験合格率は約85%です。

あん摩マッサージ指圧師になるためには、専門学校や大学を卒業して「国家試験の受験資
格」
を得て、その後国家試験に合格するとなれます。

年収は300万〜400の人が多いです。

独立開業して成功すると、年収1000万円を超える人もいます。

スポーツトレーナーとして働く人も、年収300万〜400万円の人が多いです。

スポーツトレーナーとして独立して成功すると、年収1000万円を超える人もいます。

スポーツトレーナーとして働く場合は、どの専門学校や大学を選ぶかが重要です。

専門学校や大学は、それぞれ企業とのパイプを持っており、良い就職先とのパイプを持って
いる学校に入学することで、卒業後に良い企業に就職できる可能性が高まります。

学校選びに失敗して、自分のやりたい仕事ができない人もいます。

どの学校に聞いても「うちの学校は良いですよ」としか言いません。

学校の悪い部分やデメリットは教えてくれません。

また、学校比較の情報誌やサイトにも良いことしか書いておらず、「本当に良い学校はどれか」「自分に合う学校はどこか」がわかりにくくなっています。

どの専門学校・大学を選んだらいいかわからない」「どの会社が自分に合うのかわからない」「一度就職したがどうしても合わない職場なので辞めたい・転職したい」という方のための、公平中立な第三者の相談窓口があるため、そうしたところに相談してみると良いでしょう。

公平中立な第三者の相談窓口」として、『全国職業相談センター』をご紹介します。

全国職業相談センター」は公平中立な職業相談の窓口です。
自分に合う会社・院を知りたい
どの会社・院が自分に合うのかわからない
一度就職したがどうしても合わない職場なので辞めたい・転職したい

などの相談を受けています。

自分に合う接骨院・整骨院・整形外科・企業を紹介してほしい
などの相談にも公平中立な第三者の立場で応じているため、気軽に相談してみると良いでしょう。

相談料は無料です。

あん摩マッサージ指圧師を目指す方、あん摩マッサージ指圧師の方の相談に強い相談窓口です。

「全国職業相談センター」へのお問い合わせはこちら


「全国職業相談センター」の裏側が分かるメルマガも配信されています。

人材紹介会社、転職サイト、ネット上では知り得ない生々しい情報を配信しています。

就職難易度サイト管理者も毎回購読させていただいていますが、当サイトの重要な情報源の一つとなっています。

「全国職業相談センター」の無料メルマガ登録はこちら
関連コンテンツ

面接の自己紹介

面接はまず自己紹介から始まることが多いです。 自己紹介は名前をフルネームで名乗り、過去の職務経歴を1分程度で簡潔に話します。 面接官は、面接者の第一印象やコミュニケーション力、職務経験、職・・・

志望動機は必ず聞かれる

「志望動機」は100%聞かれます。 志望動機に必要なのは「企業分析」です。 まずは志望する企業のことを徹底的に調べましょう。 面接を受ける企業のことを良く知っておくのは最低限必要です・・・

長所と短所を聞かれたら

長所や短所は面接の中盤で聞かれることが多いです。 面接官は、面接者の短所が業務に支障をきたすかどうかをチェックしています。 王道ではありますが「短所を長所に見せる」という技は有効です。 ・・・

あなたを採用するメリットは?

「当社があなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれることがあります。 採用担当者としては、とてもストレートな質問です。 簡単に言うと、企業は「即戦力」を求めていることが多いです。 ・・・

職務経歴の答え方

面接では職務経歴を必ず聞かれます。 今まで培ってきた職務経歴が、自社にどのように活かせるかを見られます。 業務経験が多い場合や、保有資格が多い場合などは、それらを簡潔に伝えて、その中で特に・・・

キャリアプランを聞かれたら

「今後どうなりたいか」というキャリアプランは聞かれます。 「仕事において今後どうなっていきたいか」という未来の話です。 まだ起きていない未来の話ですから何を言っても良いわけですが、面接する・・・

前職退職理由をどう伝えるか

採用面接では100%と言っていいほど「前職の退職理由」を聞かれます。 現実的にはネガティブな理由で前職を退職する人も多いですが、面接では前職の退職を「ポジティブな退職」として伝えなければいけませ・・・

前職の不満をどう伝えるか

「前職でどんな不満を持っていたか」を聞かれることがあります。 100%自分に合う会社など存在しません。 誰でも「会社に対する不満」は少なからずあると思います。 この質問では、ネガティ・・・

あなたにとって仕事とは?

「あなたにとって、仕事とは何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問には抽象的に答えるのではなく、具体的に答えることが望まれます。 一番良い回答は、その企業自体が考えている「仕事」に・・・

他に受けている企業は?

「当社以外に採用試験を受けている会社はありますか?」という質問は聞かれます。 本当に他にも受けている場合は、正直にそのことを伝えるのが面接のルールです。 採用担当者は、他の企業にこの人材が・・・

志望企業を選ぶ基準は?

「あなたが志望企業を選ぶ基準は何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問は、面接者が仕事で何を重要視しているかがわかります。 仕事環境なのか、社風なのか、人間関係なのか、給料なのか、・・・

現在の年収と希望年収は?

「現在の年収と希望年収を教えてください」と聞かれることがあります。 面接は「ビジネスの場」ですから、これは言い方を変えると「金額交渉」の場面でもあります。 「あなたと年間いくらで契約させて・・・

第二新卒は不利?

第二新卒者は採用に不利と言われることもありますが、企業のニーズに合致すれば全く問題ありません。 ただ、新卒採用の会社を若くして数年で辞めてしまうという点は、一般的にはマイナス評価になってもおかし・・・

周りからどう評価されている?

「あなたは周りの人からどのように評価されていますか?」と聞かれることがあります。 この質問は、人間関係や自分を客観的に捉えているかなどが見られています。 客観的に自己分析ができている人の方・・・

最近気になったニュースは?

時事に関しては採用面接で聞かれます。 普段から新聞やニュースを見ていて、時事に関心のある人であれば良いのですが、普段からその習慣がない人は、新聞やニュースを見るようにしてください。 近年は・・・

何か質問はありますか?

「最後に何か質問はありますか?」という質問は「面接の終わり」を意味しています。 しかし、唯一面接者から面接官に質問が許される場面でもあります。 仕事に関することで不明点があれば、この場を借・・・

感銘を受けた本は?

採用面接では「最近、感銘を受けた本は何ですか?」と聞かれることがあります。 普段から本を読まない人は、採用面接の前に必ず何冊か本を読んでおいてください。 この質問は「普段から本を読んでいる・・・

建設業界の将来性

建設業界は大きな転換期を迎えています。 近年は、建設業界を取り巻く環境が大きく動いた時代でした。 東北の復旧・復興 アベノミクスによって公共事業が復調 2020年の東京オリンピック決定・・・

建設の求人情報に注意

建設業界では人員が足りていません。 求人情報を見てみると、聞こえの良い求人広告が山のように見受けられます。 ですが、下記のような求人広告には注意してください。 「向上心のある方、歓迎!」・・・

職人の注目資格

建設業は職人さんがいなかったら成り立ちません。 現場で実際に建物を建てるのは職人さんです。 ですが、その大切な職人さんは社会保険や雇用保険がないなど、福利厚生がしっかりしていないことや・・・