就職 難易度のTOPに戻る
「就職 難易度」トップ >  就職難易度のコラム > ゼネコンに就職するには


ゼネコンに就職するには

ゼネコンに就職するのは難易度が高いです。

一級・二級建築士の資格を持っていたとしても、ゼネコンの場合はやはり良い大学を卒業していないと正社員としての入社は難しいです。

中堅のゼネコンでも、大卒で一級建築士を持っている男性でさえも契約社員止まりの方も多く、二級建築士の資格を持っているくらいだと派遣か契約社員が現実のようです。

スーパーゼネコンだとさらに厳しくなります。

営業・設計・設備・研究開発・施工管理などの仕事内容がありますが、どの仕事内容しろ、ゼネコンの就職・転職のハードルは高いようです。

大学院卒で、コンペで良い成績を残しているような人であれば、ゼネコンに就職できる可能性は高くなるでしょう。

しかし、学歴的な問題などでゼネコンへの就職が難しい人でも、高い年収を稼ぐことはできます。

現場監督
一級建築士や一級建築施工管理技士などの資格を持っていて、現場監督の経験がある人は、ゼネコンでなくても就職先は多くあります。

現場監督経験者が絶対的に不足しており、現場監督経験者の給料相場はかなり高くなっています。

マンション大規模修繕工事
東北の震災、アベノミクス、2020年東京オリンピック、2027年予定リニアモーターカー建設などで盛り上がる建設業界ですが、オリンピック後に建設不況が起こることが懸念されています。

1964年の東京オリンピックの後に、深刻な建設不況が起こったためです。

2020年の東京オリンピック以降も安定して仕事があり、働く人も安定して稼ぎ続けられる可能性が高い分野がマンション大規模修繕工事の業界です。

新築マンション施工件数が減っています。

それに伴って、今まで建てたマンションの資産維持が多くのマンション管理組合で課題にな
って
います。

全国には10万棟近くのマンションがあり、大規模修繕工事は工事費が億単位になるため建設会社としても大きな仕事になります。

マンション大規模修繕工事案件が安定してあり、マンション大規模修繕に強い建設会社は将来性があると言っていいでしょう。

ゼネコンの仕事は激務が多く、体力的にもかなり大変です。

長時間労働、休日出勤、サービス残業、転勤などが当たり前のようにあります。

離職率が高いです。

ゼネコンに就職するのは、慎重に検討してください。

建設業の就職・転職の公平中立な相談窓口があるため、そうしたところに相談してみるのも良いでしょう。

建設業の就職・転職の公平中立な相談窓口」として、『全国職業相談センター』をご紹介します。

全国職業相談センター」は人材紹介会社ではありません。

就職・転職やお仕事の公平な第三者の相談窓口として、無料で相談を受けている機関です。

建設業の方の相談も受けています。

人材紹介会社に建設会社を紹介されたが第三者の意見を聞きたい
就職・転職したい建設会社があるが、本当に大丈夫な会社かどうか第三者の意見を聞きたい
などの『就職・転職のセカンドオピニオン相談』や、
「現在の会社・仕事の相談」
「今の建設会社を辞めたい人の相談」
などの相談も無料で受けています。

就職・転職する建設会社を決定する前に、気軽に相談してみると良いでしょう。

『全国職業相談センター』へのお問い合わせはこちら

また、建設業で就職・転職をしたい方は、きちんと相談にのってくれて、公開されていない会社の情報も教えてくれて、ご自身に合う会社を紹介してくれる信頼できる転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

信頼できる転職エージェントの情報はこちら
関連コンテンツ

信頼できる転職エージェント

信頼できる転職エージェントの一覧です。 就職・転職をしたい方は、きちんと相談にのってくれて、ご自身に合う会社を紹介してくれる、下記の信頼できる転職エージェントに相談してみると良いでしょう。 ↓・・・

未経験でも稼ぎたい方はこちら

未経験でも稼ぎたい方のために、信頼できる就職・転職の相談窓口をご紹介します。 『ワークポート』 ワークポートは信頼できる転職エージェントです。 ワークポートさんの「転職相談サー・・・

手に職をつけたい方はこちら

手に職をつけたい方のために、信頼できる就職・転職の相談窓口をご紹介します。 『ワークポート』 ワークポートは信頼できる転職エージェントです。 ワークポートさんの「転職相談サービ・・・

年収900万円にしたい方はこちら

年収900万円にしたい方は、選ぶ業種が重要です。 業種によっては、どう頑張っても年収900万円に届かないものもあります。 年収900万円に届く可能性のある業種を選択しなければいけません。 ・・・

年収800万円にしたい方はこちら

年収800万円にしたい方は、選ぶ業種が重要です。 業種によっては、どう頑張っても年収800万円に届かないものもあります。 年収800万円に届く可能性のある業種を選択しなければいけません。 ・・・

年収700万円にしたい方はこちら

年収700万円にしたい方は、選ぶ業種が重要です。 業種によっては、どう頑張っても年収700万円に届かないものもあります。 年収700万円に届く可能性のある業種を選択しなければいけません。 ・・・

年収600万円にしたい方はこちら

年収600万円にしたい方は、選ぶ業種が重要です。 業種によっては、どう頑張っても年収600万円に届かないものもあります。 年収600万円に届く可能性のある業種を選択しなければいけません。 ・・・

年収500万円にしたい方はこちら

年収500万円にしたい方は、選ぶ業種が重要です。 業種によっては、どう頑張っても年収500万円に届かないものもあります。 年収500万円に届く可能性のある業種を選択しなければいけません。 ・・・

転職の相談窓口の選び方

就職・転職活動をする際、企業を探す方法はいくつかあります。 その特徴や、メリット・デメリットをお伝えします。 【ネットや求人誌の求人情報を見る】 ネットや求人誌で求人情報を得ることができます・・・

メーカーエンジニアの就職相談

信頼できる製造系の転職エージェントさんの情報です。 『メイテックネクスト』 メイテックネクストは製造系エンジニアで最も実績のある転職エージェントです。 エンジニア求人が常に10000・・・

面接の自己紹介

面接はまず自己紹介から始まることが多いです。 自己紹介は名前をフルネームで名乗り、過去の職務経歴を1分程度で簡潔に話します。 面接官は、面接者の第一印象やコミュニケーション力、職務経験、職・・・

志望動機は必ず聞かれる

「志望動機」は100%聞かれます。 志望動機に必要なのは「企業分析」です。 まずは志望する企業のことを徹底的に調べましょう。 面接を受ける企業のことを良く知っておくのは最低限必要です・・・

長所と短所を聞かれたら

長所や短所は面接の中盤で聞かれることが多いです。 面接官は、面接者の短所が業務に支障をきたすかどうかをチェックしています。 王道ではありますが「短所を長所に見せる」という技は有効です。 ・・・

あなたを採用するメリットは?

「当社があなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれることがあります。 採用担当者としては、とてもストレートな質問です。 簡単に言うと、企業は「即戦力」を求めていることが多いです。 ・・・

職務経歴の答え方

面接では職務経歴を必ず聞かれます。 今まで培ってきた職務経歴が、自社にどのように活かせるかを見られます。 業務経験が多い場合や、保有資格が多い場合などは、それらを簡潔に伝えて、その中で特に・・・

キャリアプランを聞かれたら

「今後どうなりたいか」というキャリアプランは聞かれます。 「仕事において今後どうなっていきたいか」という未来の話です。 まだ起きていない未来の話ですから何を言っても良いわけですが、面接する・・・

前職退職理由をどう伝えるか

採用面接では100%と言っていいほど「前職の退職理由」を聞かれます。 現実的にはネガティブな理由で前職を退職する人も多いですが、面接では前職の退職を「ポジティブな退職」として伝えなければいけませ・・・

前職の不満をどう伝えるか

「前職でどんな不満を持っていたか」を聞かれることがあります。 100%自分に合う会社など存在しません。 誰でも「会社に対する不満」は少なからずあると思います。 この質問では、ネガティ・・・

あなたにとって仕事とは?

「あなたにとって、仕事とは何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問には抽象的に答えるのではなく、具体的に答えることが望まれます。 一番良い回答は、その企業自体が考えている「仕事」に・・・

他に受けている企業は?

「当社以外に採用試験を受けている会社はありますか?」という質問は聞かれます。 本当に他にも受けている場合は、正直にそのことを伝えるのが面接のルールです。 採用担当者は、他の企業にこの人材が・・・