就職 難易度のTOPに戻る


入室の手順

面接室に入室する際の手順をご紹介します。

※面接する企業によって若干違うことがあります。

(1)ノックする
手の甲の中指でノックします。
ノックは3回です。
※ノック2回はトイレのノック回数のため避けましょう。

(2)ドアを開ける
ドアを片手で少し開けて、「失礼します」と言ってから入室します。
明るくハキハキとした声で言います。
ドアは両手で開けます。

(3)アイコンタクトする
入室して面接官と目が合ったら、笑顔でアイコンタクトをします。
この第一印象は大切です。

(4)ドアを閉める
面接官に対して斜め向きでドアを閉めます。
※あまりお尻が向かない方が良いでしょう。
ドアを閉めるときは大きな音が出ないように、丁寧に両手でドアを閉めます。

(5)挨拶
ドアを閉めた後は、面接官の方を向いて「よろしくお願いいたします」と挨拶しましょう。
その際、一礼もします。
お辞儀の角度は45度が基本です。
頭を下げたところで1秒間止め、それから頭を上げます。
男性は、指先を揃えて体の脇に沿えてお辞儀します。
女性は、指先を揃えて体の前に手をそろえます。
お辞儀の際も笑顔であいさつしましょう。

(6)椅子の横に立つ
椅子の横に移動します。
ドアに近い側に立つ方が良いでしょう。
椅子の横にスペースがなければ、椅子の前に立ちます。

(7)名前を言う
「お名前をどうぞ」と言われたら、面接官を見ながら名前を言います。
学生の場合は「大学名」「学部名」「自分の名前」の順番に伝えます。
当たり前ですが、名前はフルネームで伝えましょう。
面接官が複数いる場合は、全員に目を配りながら、名前を言います。

(8)一礼する
名前を言ったら「よろしくお願いいたします」と言って、45度のお辞儀をします。
同じく、頭を下げたところで1秒間止めて、それから頭を上げます。

(9)着席前に会釈をする
面接官に「どうぞ」と着席を促されたら「失礼いたします」と会釈をしてから椅子に座ります。
会釈の角度は15度です。

(10)着席する
椅子の背中側を、3分の1ほど空けた状態で座ります。
男性は、足を肩幅に広げて、手は軽く握り、膝の上に置きます。
女性は、両膝・かかと・つま先を付けて、指先を伸ばして手を重ねて膝の上に置きます。
手は、左手を上にします。
背筋を伸ばした状態を維持します。


就職活動でうまく行かない方に!

ちなみに、仕事の悩みを無料相談できる相談窓口があるため、そうしたところに悩みを相談してみると良いでしょう。

仕事の悩みを無料相談できる相談窓口」として、『全国職業相談センター』をご紹介します。

全国職業相談センター」は、お仕事の悩み相談を無料で受けています。

お給料の悩み相談も受けています。

相談料は無料です。

『全国職業相談センター』へのお問い合わせはこちら


「全国職業相談センター」の裏側が分かるメルマガも配信されています。

人材紹介会社、転職サイト、ネット上では知り得ない生々しい情報を配信しています。

就職難易度サイト管理者も毎回購読させていただいていますが、当サイトの重要な情報源の一つとなっています。

「全国職業相談センター」の無料メルマガ登録はこちら
関連コンテンツ

面接の自己紹介

面接はまず自己紹介から始まることが多いです。 自己紹介は名前をフルネームで名乗り、過去の職務経歴を1分程度で簡潔に話します。 面接官は、面接者の第一印象やコミュニケーション力、職務経験、職・・・

志望動機は必ず聞かれる

「志望動機」は100%聞かれます。 志望動機に必要なのは「企業分析」です。 まずは志望する企業のことを徹底的に調べましょう。 面接を受ける企業のことを良く知っておくのは最低限必要です・・・

長所と短所を聞かれたら

長所や短所は面接の中盤で聞かれることが多いです。 面接官は、面接者の短所が業務に支障をきたすかどうかをチェックしています。 王道ではありますが「短所を長所に見せる」という技は有効です。 ・・・

あなたを採用するメリットは?

「当社があなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれることがあります。 採用担当者としては、とてもストレートな質問です。 簡単に言うと、企業は「即戦力」を求めていることが多いです。 ・・・

職務経歴の答え方

面接では職務経歴を必ず聞かれます。 今まで培ってきた職務経歴が、自社にどのように活かせるかを見られます。 業務経験が多い場合や、保有資格が多い場合などは、それらを簡潔に伝えて、その中で特に・・・

キャリアプランを聞かれたら

「今後どうなりたいか」というキャリアプランは聞かれます。 「仕事において今後どうなっていきたいか」という未来の話です。 まだ起きていない未来の話ですから何を言っても良いわけですが、面接する・・・

前職退職理由をどう伝えるか

採用面接では100%と言っていいほど「前職の退職理由」を聞かれます。 現実的にはネガティブな理由で前職を退職する人も多いですが、面接では前職の退職を「ポジティブな退職」として伝えなければいけませ・・・

前職の不満をどう伝えるか

「前職でどんな不満を持っていたか」を聞かれることがあります。 100%自分に合う会社など存在しません。 誰でも「会社に対する不満」は少なからずあると思います。 この質問では、ネガティ・・・

あなたにとって仕事とは?

「あなたにとって、仕事とは何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問には抽象的に答えるのではなく、具体的に答えることが望まれます。 一番良い回答は、その企業自体が考えている「仕事」に・・・

他に受けている企業は?

「当社以外に採用試験を受けている会社はありますか?」という質問は聞かれます。 本当に他にも受けている場合は、正直にそのことを伝えるのが面接のルールです。 採用担当者は、他の企業にこの人材が・・・

志望企業を選ぶ基準は?

「あなたが志望企業を選ぶ基準は何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問は、面接者が仕事で何を重要視しているかがわかります。 仕事環境なのか、社風なのか、人間関係なのか、給料なのか、・・・

現在の年収と希望年収は?

「現在の年収と希望年収を教えてください」と聞かれることがあります。 面接は「ビジネスの場」ですから、これは言い方を変えると「金額交渉」の場面でもあります。 「あなたと年間いくらで契約させて・・・

第二新卒は不利?

第二新卒者は採用に不利と言われることもありますが、企業のニーズに合致すれば全く問題ありません。 ただ、新卒採用の会社を若くして数年で辞めてしまうという点は、一般的にはマイナス評価になってもおかし・・・

周りからどう評価されている?

「あなたは周りの人からどのように評価されていますか?」と聞かれることがあります。 この質問は、人間関係や自分を客観的に捉えているかなどが見られています。 客観的に自己分析ができている人の方・・・

最近気になったニュースは?

時事に関しては採用面接で聞かれます。 普段から新聞やニュースを見ていて、時事に関心のある人であれば良いのですが、普段からその習慣がない人は、新聞やニュースを見るようにしてください。 近年は・・・

何か質問はありますか?

「最後に何か質問はありますか?」という質問は「面接の終わり」を意味しています。 しかし、唯一面接者から面接官に質問が許される場面でもあります。 仕事に関することで不明点があれば、この場を借・・・

感銘を受けた本は?

採用面接では「最近、感銘を受けた本は何ですか?」と聞かれることがあります。 普段から本を読まない人は、採用面接の前に必ず何冊か本を読んでおいてください。 この質問は「普段から本を読んでいる・・・

建設業界の将来性

建設業界は大きな転換期を迎えています。 近年は、建設業界を取り巻く環境が大きく動いた時代でした。 東北の復旧・復興 アベノミクスによって公共事業が復調 2020年の東京オリンピック決定・・・

建設の求人情報に注意

建設業界では人員が足りていません。 求人情報を見てみると、聞こえの良い求人広告が山のように見受けられます。 ですが、下記のような求人広告には注意してください。 「向上心のある方、歓迎!」・・・

職人の注目資格

建設業は職人さんがいなかったら成り立ちません。 現場で実際に建物を建てるのは職人さんです。 ですが、その大切な職人さんは社会保険や雇用保険がないなど、福利厚生がしっかりしていないことや・・・


「入室の手順」のトップへ↑
「就職 難易度」のトップへ↑