就職 難易度のTOPに戻る
「就職 難易度」トップ > 就職難易度のコラム

就職難易度のコラム

面接はまず自己紹介から始まることが多いです。 自己紹介は名前をフルネームで名乗り、過去の職務経歴を1分程度で簡潔に話します。 面接官は、面接者の第一印象やコミュニケーション力、職務経験、職・・・
「志望動機」は100%聞かれます。 志望動機に必要なのは「企業分析」です。 まずは志望する企業のことを徹底的に調べましょう。 面接を受ける企業のことを良く知っておくのは最低限必要です・・・
長所や短所は面接の中盤で聞かれることが多いです。 面接官は、面接者の短所が業務に支障をきたすかどうかをチェックしています。 王道ではありますが「短所を長所に見せる」という技は有効です。 ・・・
「当社があなたを採用するメリットは何ですか?」と聞かれることがあります。 採用担当者としては、とてもストレートな質問です。 簡単に言うと、企業は「即戦力」を求めていることが多いです。 ・・・
面接では職務経歴を必ず聞かれます。 今まで培ってきた職務経歴が、自社にどのように活かせるかを見られます。 業務経験が多い場合や、保有資格が多い場合などは、それらを簡潔に伝えて、その中で特に・・・
「今後どうなりたいか」というキャリアプランは聞かれます。 「仕事において今後どうなっていきたいか」という未来の話です。 まだ起きていない未来の話ですから何を言っても良いわけですが、面接する・・・
採用面接では100%と言っていいほど「前職の退職理由」を聞かれます。 現実的にはネガティブな理由で前職を退職する人も多いですが、面接では前職の退職を「ポジティブな退職」として伝えなければいけませ・・・
「前職でどんな不満を持っていたか」を聞かれることがあります。 100%自分に合う会社など存在しません。 誰でも「会社に対する不満」は少なからずあると思います。 この質問では、ネガティ・・・
「あなたにとって、仕事とは何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問には抽象的に答えるのではなく、具体的に答えることが望まれます。 一番良い回答は、その企業自体が考えている「仕事」に・・・
「当社以外に採用試験を受けている会社はありますか?」という質問は聞かれます。 本当に他にも受けている場合は、正直にそのことを伝えるのが面接のルールです。 採用担当者は、他の企業にこの人材が・・・
「あなたが志望企業を選ぶ基準は何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問は、面接者が仕事で何を重要視しているかがわかります。 仕事環境なのか、社風なのか、人間関係なのか、給料なのか、・・・
「現在の年収と希望年収を教えてください」と聞かれることがあります。 面接は「ビジネスの場」ですから、これは言い方を変えると「金額交渉」の場面でもあります。 「あなたと年間いくらで契約させて・・・
第二新卒者は採用に不利と言われることもありますが、企業のニーズに合致すれば全く問題ありません。 ただ、新卒採用の会社を若くして数年で辞めてしまうという点は、一般的にはマイナス評価になってもおかし・・・
「あなたは周りの人からどのように評価されていますか?」と聞かれることがあります。 この質問は、人間関係や自分を客観的に捉えているかなどが見られています。 客観的に自己分析ができている人の方・・・
時事に関しては採用面接で聞かれます。 普段から新聞やニュースを見ていて、時事に関心のある人であれば良いのですが、普段からその習慣がない人は、新聞やニュースを見るようにしてください。 近年は・・・
「最後に何か質問はありますか?」という質問は「面接の終わり」を意味しています。 しかし、唯一面接者から面接官に質問が許される場面でもあります。 仕事に関することで不明点があれば、この場を借・・・
採用面接では「最近、感銘を受けた本は何ですか?」と聞かれることがあります。 普段から本を読まない人は、採用面接の前に必ず何冊か本を読んでおいてください。 この質問は「普段から本を読んでいる・・・
建設業界は大きな転換期を迎えています。 近年は、建設業界を取り巻く環境が大きく動いた時代でした。 東北の復旧・復興 アベノミクスによって公共事業が復調 2020年の東京オリンピック決定・・・
建設業界では人員が足りていません。 求人情報を見てみると、聞こえの良い求人広告が山のように見受けられます。 ですが、下記のような求人広告には注意してください。 「向上心のある方、歓迎!」・・・
建設業は職人さんがいなかったら成り立ちません。 現場で実際に建物を建てるのは職人さんです。 ですが、その大切な職人さんは社会保険や雇用保険がないなど、福利厚生がしっかりしていないことや・・・
30代以上の転職者にはマネジメント能力を求める企業が多いです。 前職で部下の管理・育成などの経験があれば、募集企業でもそのような実務を求められることがあります。 募集企業によりますが、社会・・・
「この業界は、今後どうなっていくと思いますか?」という質問をされることがあります。 応募企業の業界が今後どうなっていくかは、応募企業はその業界の中でどうあるべきか、そして、自分が入社した場合はど・・・
面接の際に「あなたの今の課題は何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問は、自分自身を客観的に見る視点があるかや、向上心やチャレンジ精神があるかを見られています。 常に成長し続ける人・・・
今まで仕事をしてきた人なら、何かしら実績や成功体験があるはずであり、そうした成功体験を持っている人を企業は求めています。 その成功体験がより素晴らしいものであれば、好印象になります。 しか・・・
「今までに大きな失敗をしたことはありますか?」と聞かれることがあります。 大きな失敗をしたときに、どのようにカバーできる人かを見ています。 面接で成功体験を聞かれることがありますが、成功体・・・
面接で「今までで一番大変だった仕事は何ですか?」と聞かれることがあります。 この質問はストレス耐性を見るために聞かれることが多いです。 きつい仕事を乗り切った経験を持つ人を企業は欲しがりま・・・
業界を変える転職をする際は、業界を変える明確な理由が必要です。 業界を変えての面接者には「なぜ、前職の業界へ転職を考えなかったのですか?」という質問が来る可能性があります。 「前職の業界は・・・
無事に希望の会社に就職できたとしても、希望の部署に配属されるとは限りません。 採用面接の際は「希望の部署に配属されなくても大丈夫ですか?」と聞かれることがあります。 例えば、「はい、大丈夫・・・
「急な残業や休日出勤は大丈夫ですか?」と面接で聞かれる会社があります。 この場合は、間違いなく残業や休日出勤があるということです。 面接は「会社と就職希望者の交渉の場」でもありますので、で・・・
仕事にブランクがあった人は「ブランクがあったようですが、何をされていたのですか?」と必ず聞かれると思ってください。 「特に何もしていませんでした」というような、就業意欲を感じない回答はNGです。・・・
転職回数が多い人は、「なぜ転職回数が多いのか」を必ず聞かれると思ってください。 面接の場では「転職回数が多い」ということは、飽きっぽい、嫌なことがあるとすぐ辞める、続かない、ストレス耐性が弱い、・・・
「部署によっては、つまらない仕事やくだらないと思う仕事もありますが、それらはどうこなしますか?」と聞かれることがあります。 「どんな仕事でもやります」というだけではあまり良くありません。明確な答・・・
「当社の仕事はたいへんきついと思いますが、本当に耐えられますか?」と質問されることがあります。 緊張が走る質問ですので、答え方に困ってしまう人もいると思います。 面接官は、面接者の意気込み・・・
面接室に入室する際の手順をご紹介します。 ※面接する企業によって若干違うことがあります。 (1)ノックする 手の甲の中指でノックします。 ノックは3回です。 ※ノック2回はトイレのノ・・・
そもそも面接は、履歴書やエントリーシートなどの書類だけではわからない部分を知るために行われます。 直接本人と話し、どんな人なのかを直接知ることができるため、企業は面接を行います。 面接の際・・・
男性の面接時の服装を紹介します。 基本にあるのは「清潔感のある服装」です。 面接は第一印象でほとんど決まってしまうため、「面接で何を言うか」よりも服装が大切です。 「スーツ」 色は・・・
女性の面接時の服装を紹介します。 基本にあるのは「清潔感のある服装」です。 面接は第一印象でほとんど決まってしまうため、「面接で何を言うか」よりも服装が大切です。 「スーツ」 シン・・・
採用面接に持っていくと良いものを紹介します。 「履歴書(エントリーシート)のコピー」 持参の指定がなくても、履歴書、エントリーシートのコピーを持っていきましょう。 面接前に、自己PRや志望動・・・
ゼネコンに就職するのは難易度が高いです。 一級・二級建築士の資格を持っていたとしても、ゼネコンの場合はやはり良い大学を卒業していないと正社員としての入社は難しいです。 中堅のゼネコンでも、・・・
建設系大学を卒業後に就職するので多いのは、ゼネコンや大手ハウスメーカーなどです。 ゼネコンの仕事内容は、営業、設計、施工、事務がありますが、やはり一番必要な人材は、将来、現場の施工ができるように・・・
建設業界では、職人さんが不足しています。 そのため、職人さんの給料が上昇しています。 20代で年収500〜600万円を稼ぐ職人さんもいます。 技術が認められて、年収1000万円以上・・・
求人情報を見てみると、聞こえの良い求人広告が山のように見受けられます。 ですが、下記のような求人広告には注意してください。 「年収UPを実現!」 「しっかり稼げる!」 「各種社・・・
「ブラック企業」と言われている企業の特徴をまとめましたので、確認してください。 求人広告に虚偽の掲載をしている 労働組織がない 従業員同士の陰口や悪口が多い 上司からの指示が口頭ばかり ・・・
スポーツの業界ではスポーツトレーナーが欠かせない存在になっています。 スポーツトレーナーになるには、大学の体育学部か、スポーツトレーナー養成の専門学校を卒業するのが一般的になっています。 ・・・
スポーツトレーナーの国家資格はありません。 ですが、ほとんどのスポーツトレーナーは医療の国家資格である柔道整復師、はり師、きゅう師、あん摩マッサージ師、理学療法士などの資格を取得しています。 ・・・
スポーツトレーナーとは、アスリートのトレーニング、コンディションを管理する仕事です。 また、選手のケガやスポーツ障害に対応するのも仕事なので、テーピングなどの応急処置ができることや、柔道整復師、・・・
スポーツトレーナーの主な就職先は以下の通りです。 プロスポーツチーム契約 クラブチーム フィットネスクラブ スポーツジム プロスポーツ選手専属契約 整体院 接骨院 介護施設 アメ・・・
スポーツトレーナーの魅力は、スポーツに深く関わりながら仕事ができる点です。 選手として活躍できない人でも、アスリートを陰で支えるスポーツトレーナーになることで、スポーツと関わって仕事をすることが・・・
スポーツトレーナーの年収は、働き口で大きく変わります。 プロスポーツチームなどと契約すると、年収は約1000万円くらいです。 しかし、これは長年の実績と経験があるベテランのスポーツトレーナ・・・
機械設計・電気電子設計・CADオペレータ・生産技術・試験・評価などの求人は常にあります。 それだけ人材が足りないのです。 求人情報に騙されてはいけません。 各社ともすぐにでも人・・・
Webディレクター・デザイン・コーディングなどの求人は常にあります。 それだけ人材が足りないのです。 求人情報に騙されてはいけません。 各社ともすぐにでも人材がほしいために耳触・・・
システムエンジニアの求人は常にあります。 エンジニアが足りないのです。 求人情報に騙されてはいけません。 各社ともすぐにでもエンジニアがほしいために耳触りの良いうたい文句であな・・・
柔道整復師は主に、接骨院・整骨院・鍼灸院・整形外科・介護施設・スポーツトレーナーなどで働きます。 柔道整復師になるには国家試験を受けて合格しなければなりません。 柔道整復師の資格をとるには・・・
柔道整復師の年収をご紹介します。 柔道整復師は勤務する会社や実務経験によって給料に差が出やすい仕事です。 柔道整復師は国家資格です。 多くの場合は、専門学校で3年間勉強し、国家試験に・・・
柔道整復師とは、いわゆる「ほねつぎ」を行う資格・仕事です。 柔道整復師になるには国家試験の合格が必要です。 国家試験に合格すると、柔道整復師になり、接骨院や整骨院で「柔道整復師」として働く・・・
柔道整復師は、まず「国家資格」を取得するための苦労があります。 まずは、専門学校か大学に3年以上通って「国家試験を受験する資格」を取得しなければ試験すら受けられません。 特に、社会人になっ・・・
柔道整復師の職場は、接骨院や整骨院が一番多いです。 数も多いですし、求人も多くあるため、専門学校に通い国家資格を取得した人はそのまま接骨院や整骨院に就職する人が多いです。 ただし、この場合・・・
柔道整復師の施術は健康保険が使えます。 そのため、患者さんも割と気軽に接骨院や整骨院に行くことができます。 健康保険が使えることで、診療費用の負担が減るため、一般の病院と同じように見えます・・・
柔道整復師の求人はかなり多くあります。 柔道整復師の就職先は就職・求人サイトや求人誌でも見つけられます。 また、専門学校や大学で接骨院や病院の求人情報を見られる体制も整っています。 ・・・
柔道整復師や鍼灸師の採用試験の方法は、筆記試験、小論文、面接などがあり、企業によって違います。 基本的には一般企業の面接と変わらないと思っておいた方が良いでしょう。 「柔道整復師は受かるだ・・・
接骨院、整骨院、整形外科など、柔道整復師として就職する際は、採用試験があります。 企業によって、その採用試験方法は様々ですが、基本的には一般企業の採用試験と変わらないと思っておいた方がいいでしょ・・・
接骨院・整骨院・整形外科の勤務時間は、診療時間とその前後になります。 平日はだいたい9:00〜20:00くらいのことが多いです。 院によっては、土日祝日は午前だけのところもありますが、他院・・・
鍼灸師(しんきゅうし)とは、正確には「はり師」と「きゅう師」の両方の国家資格を持っている資格者です。 「はり師」と「きゅう師」は別の資格ですが、両方の資格を同時に受験する人が多いのと、両方の施術・・・
勤務の鍼灸師の平均年収は350万円〜400万円程度です。 月収18万円〜20万円程度の人が多いです。 それ以上年収を増やすには技術・知識・経験が必要です。 固定給の院もあれば、歩合制・・・
近年、西洋医学や薬に対する認識が変わってきています。 「薬は体に良くない」「西洋医学は対処療法だ」など、アンチ西洋医学の人が増えているのは事実です。 反対に、東洋医学の需要が伸びてきていま・・・
鍼灸師は柔道整復師に比べると求人数が少なく、就職先がなかなか決まらない人もいます。 未経験者の鍼灸師を雇いたい鍼灸院はあまり多くなく、専門学校で3年間勉強して国家資格を得ても、就職先がないという人も・・・
鍼灸師にも適性があります。 まず、コミュニケーション能力が低い人は難しいです。 鍼灸師の仕事は、患者さんとのコミュニケーションが命です。 そして「接客業」であることを忘れてはいけませ・・・
鍼灸師の就職先は鍼灸院、病院・医院、鍼灸整骨院、福祉施設などがあります。 鍼灸院は新卒の募集数が少ない傾向にあります。 「徒弟制度」がある院も多く、最初のころの給料は低くなります い・・・
鍼灸師の多くが、自分の経験を元に鍼灸の世界に興味を持ち、志したという人が多いです。 「学生時代にスポーツをやっていて、怪我のため鍼灸院で治療してもらったところ、整形外科などの病院に行っても良くな・・・
鍼灸師の勤務時間は勤務先や働き方によって違います。 鍼灸院に勤務の鍼灸師は、鍼灸院の営業時間に合わせた「シフト制勤務」が多いようです。 鍼灸院は、一般的に朝9時ころに診療が始まり、18時〜・・・
あん摩マッサージ指圧師の就職難易度は、国家資格に合格しなければならないため、難易度は多少高いと言えるでしょう。 あん摩マッサージ指圧師の仕事は、あん摩・マッサージ・指圧の3つを組み合わせて行いま・・・
鍼灸院や接骨院や整骨院に就職する場合は、柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師などの国家資格を取得する必要があります。 専門学校や大学を卒業し、国家試験に合格している必要があります。 ・・・
接骨院や整骨院に就職する場合は、柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師などの国家資格を取得する必要があります。 専門学校や大学を卒業し、国家試験に合格している必要があります。 国家資格・・・
整骨院や接骨院に就職する場合は、柔道整復師・鍼灸師・あん摩マッサージ指圧師などの国家資格を取得する必要があります。 専門学校や大学を卒業し、国家試験に合格している必要があります。 国家資格・・・
柔道整復師や鍼灸師の求人情報はとても多いですが、求人情報と実態が違う院があるので気をつけてください。 特に多いのが「保険未加入」の院です。 求人情報には「社会保険、雇用保険あり」と書いてあ・・・
接骨院・整骨院の数がここ近年で急速に増加しました。 1998年に29087人だった柔道整復師の数は、2010年には58573人まで増えました。 この背景には柔道整復師専門学校の増加がありま・・・
商業高校を卒業後、税理士事務所・会計事務所に就職する人もいます。 「将来は資格をとって、税理士・会計士になるんだ」と目標を持って就職する人もいるでしょう。 ところが、日々の業務に追われ・・・
将来、独立開業したいと思って税理士事務所・会計事務所に勤めだしたのに、いつの間にか資格も独立開業も諦めてしまう人がたくさんいます。 元々は、資格を取って税理士・会計士として活躍し、独立開業を考・・・
将来の光明が見えなくなってしまう税理士事務所・会計事務所があります。 元々は、資格を取って税理士・会計士として活躍し、中には独立開業を考えていた人も、日々の業務に追われいつの間にか将来が見えな・・・
年収3000万円程度の税理士をご紹介します。 勤務税理士の場合は、数十名〜百名以上規模の会計事務所の所長になると年収3000万円程度です。 勤務税理士でここまで来れる人は税理士全体でも・・・
年収1000万円程度の税理士をご紹介します。 勤務税理士の場合は、中堅会計事務所の幹部や大手会計事務所の上位管理職になると年収1000万円くらいになります。 しかし、中堅会計事務所の幹・・・
年収800万円程度の税理士をご紹介します。 勤務税理士の場合は、大手会計事務所の管理職になると年収800万円くらいです。 しかし、大手会計事務所の管理職は誰でもなれるわけではありません・・・
年収500万円程度の税理士をご紹介します。 勤務税理士の場合は、従業員数名から十数名の会計事務所で、税理士有資格者の年収が500万円程度です。 税理士資格、簿記2級、基本的なPCスキル・・・
年収300万円程度の税理士をご紹介します。 勤務税理士の場合は、従業員数名から十数名の会計事務所で、税理士資格のない人は年収約300万円程度です。 地域性や勤務体系にもよりますが、ほと・・・
税理士事務所・会計事務所の本来の仕事は、税理士法第2条に書かれています。 「税理士は他人の求めに応じ、租税に関し、税務代理、税務書類の作成又は税務相談を行うことを業とする」 しかし、税・・・
過酷な労働環境や、人間関係の悩みなどで体調を崩してしまう人がたくさんいます。 長時間労働、休日出勤、深夜作業、徹夜作業が続くことで、病気になってしまうことがあります。 また、肉体労働・工場・・・
会社の労働条件や労働環境が、どうしても自分に合わないということがあります。 「家族がいるのに、現場泊まり込みが多く、家族に会えない」 「仕事が朝早くて夜遅いため、子供の送り迎えの時間を確保でき・・・
仕事の上司や同僚など、どうしても自分と合わない人もいますよね。 仕事において、人間関係の悩みはとても大きな悩みです。 「いじめられる」 「嫌味を言われる」 「高圧的な態度をとられる」 ・・・
「生活していくために必要なお金が、今の給料では足りない」 「子供の教育費にお金が必要だが、今の給料では足りない」 「結婚するのに、今の給料では不安」 「子供が生まれるのに、今の給料では不安」 ・・・
建設現場監督の転勤についてご紹介します。 大手ゼネコンや、全国に拠点があるゼネコンの現場監督は転勤があると思った方がよいでしょう。 その都度引っ越しがあることを奥様は覚悟しなければいけ・・・
過酷な労働環境や、人間関係の悩みなどで体調を崩してしまう人がたくさんいます。 長時間労働、休日出勤、深夜作業、徹夜作業が続くことで、病気になってしまうことがあります。 また、肉体労働・工場・・・
建設現場監督の転職についてご紹介します。 早朝から夜中まで働いて、休みもなく、安い給料で働くゼネコン現場監督で転職を考えている人はたくさんいます。 しかし、転職には壁があります。 ・・・
営業職に興味があるけど、やったことがない、自信がないという方は、まずは営業の勉強をしてみるのも良いでしょう。 2週間、無料で営業を勉強できて、その後の就職支援もしてくれる営業スクールをご紹介しま・・・
医師の求人情報には急募案件で「年収2000万円+諸手当」というような、高収入の求人が出ていることもあります。 あまりにも条件が良い求人情報には注意してください。 求人情報につられて入職して・・・
高齢になってきた医師が仕事を続ける環境はあります。 勤務医を定年退職した方、医院を経営していたが第一線を退いた方や医院をたたんだ方などのセカンドキャリアの場は増えてきています。 勤務医を定・・・
友人知人の紹介で転職するときは注意してください。 紹介のため、割とすんなりと転職できることが多いですが、いざ働いてみて「こんなはずではなかった・・・」「聞いていた話と違う・・・」「こんな病院では・・・
転職を決めて、実際に転職先の病院・クリニックを決めても、医局から引き留めに遭うことはかなりあります。 「今辞められるわけにはいかない」 「あと1年いてほしい」 「無責任だ」 「条件を良くす・・・
医師の転職はトラブルも多く、注意が必要です。 多くの医師求人情報や、医師向けの人材紹介会社がありますが、そうしたところにある情報は「悪い部分・デメリット」が示されていません。 医師を求人し・・・
就職・転職は有名企業や大手企業に就職することがすべてではありません。 『自分に合った会社』と出会うことが大切です。 求人情報には良いことしか書いてないため、「本当はどのような会社なのか」「・・・
年収を500万円にしたい方のためのページです。 現在、年収500万円クラスの優良企業をリサーチ中です。・・・

カテゴリー「就職難易度のコラム」のトップへ↑