就職 難易度のTOPに戻る


簿記資格 難易度

簿記は企業規模の大小や業種、業態を問わずに、日々の経営活動を記録・計算・整理して、経営成績と財政状態を明らかにする技能です。

簿記を理解することによって、企業の経理事務に必要な会計知識だけではなく、財務諸表を読む力、基礎的な経営管理や分析力がつきます。

また、ビジネスの基本であるコスト感覚も身につきますので、コストを意識した仕事ができるとともに、取引先の経営状況を把握できるために、経理担当者だけではなく、全ての社会人に役立ちます。

簿記の資格を活かせるのは経理の仕事です。簿記の仕事で30代の求人はたしかに多数あります。ただ簿記の仕事はお金を管理する仕事なのでミスは許されません。

扱う金額が大きければ、わずかなミスが会社に対して巨額の損害につながってしまうことも。ミスのない正確な仕事が求められます。細かい仕事ができて、数字に強いことが求められます。

経理未経験でも求人している企業もありますが、その分最初に覚えることが多く、仕事を覚えるスピードに自信がない方は注意が必要です。

エクセルは最低限使えないといけません。よく「未経験歓迎」と書いてある求人を見ますが、簿記の知識やパソコン知識がないと、現場では歓迎されません。教育係の人が厳しい人や相性の合わない人だと冷たい目で見られて、職場にいるのが嫌になってしまうこともあります。

また、「残業なし」「残業ほぼなし」「残業少なめ」「プライベートと両立」などの表記がされている経理の求人がよくありますが、経営の厳しい会社は残業してほしくないと思っていますが、実務上どうしても残業が必要になることもあります。

よくある手口としては、勤め始めた最初のうちは残業は本当にないのですが、だんだん慣れてきたり、職場の人と仲良くなってくると、「残業しなければならない空気」が流れ始める職場が本当にたくさんあります。

定時に帰ってもよいのですが、オフィス内で誰も帰る人がいなく「帰りづらい」空気が漂い、結局毎日残業してしまうケースが多いです。また、そういうオフィスで定時に帰ることを繰り返すと、女性社員たちから白い目で見られたり、場合によっては嫌がらせを受けたりしますので、「残業なし」という求人表記の裏には様々なデメリットが隠されているのです。

「アットホームな職場です」と書いてある求人がよくありますが、「アットホーム」って何でしょうね?当たり前のように使われている表記ですが、職場の雰囲気は人によってつくられる部分が多く、1人でも嫌な人がいたり、相性が合わない人がいると、職場は地獄です。特に事務職はうつ病になる人も多く、原因のほとんどは「人間関係」です。

求人会社は人を企業に人材を紹介することで利益を得ていますから、当然良いことしか言いません。求人情報には、言いづらいこと、リスク・デメリットは絶対に書いてありません。求人会社がクライアントである企業の悪口を言うわけがないからです。

求人情報に騙されないようにしましょう。

経理の仕事をしたい」「経理の仕事で転職したい」「良い経理の会社を紹介してほしい」という方は、公平中立な立場の職業相談の窓口に相談してみましょう。

公平中立な職業相談窓口として、「全国職業相談センター」をご紹介します。

全国職業相談センター」は、公平中立な立場の職業相談の窓口です。

全国職業相談センターは、人材紹介会社や実際に求人している企業ではなく、職業相談・就職や転職の相談、自分に合う企業の紹介を行っている相談窓口で、多くの実績があります。

相談料は無料のため、気軽に相談してみると良いでしょう。

「全国職業相談センター」へのお問い合わせはこちら

また、簿記を活かして就職・転職をしたい方は、きちんと相談にのってくれて、公開されていない会社の情報も教えてくれて、ご自身に合う会社を紹介してくれる信頼できる転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

信頼できる転職エージェントの情報はこちら
関連コンテンツ

MOS 30代 就職 難易度

MOS(Microsoft Office Specialist)はMicrosoft Officeの同一バージョン(Office2013、Office 2010、Office 2007)の中で、規定の・・・

情報処理技術者 就職 難易度 

情報処理技術者試験とは「情報処理の促進に関する法律」に基づき経済産業省が、情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることを認定している国家試験です。 情報システムを構築・運用する・・・

TOEIC 就職 難易度

TOEICは英語によるコミュニケーション能力を幅広く評価する世界共通のテストです。 TOEICを活かせるのは貿易事務、安全性情報管理、受付、銀行窓口業務、秘書、家電販売、翻訳など多岐に渡ります。・・・

基本情報技術者 就職 難易度 

基本情報技術者は主にプログラマー・システムエンジニアなど職業につく人が受験する資格で、試験ではIT業界で働くために必要な基本的知識を持っているか、情報処理に必要な論理的な考え方はできるかなどが問われる・・・

ITコーディネーター 就職 難易度

ITコーディネーターはITと企業経営両方の知識を持ち、経営者の経営戦略を実現するIT化支援サービスを行う専門家のための資格です。 ITコーディネーターの資格を活かせるのはSE・プログラマー、ネッ・・・

ITパスポート 就職 難易度

ITパスポートはITを利用・活用するすべての人が備えておくべきITに関する基礎的な知識が証明できる国家試験です。 具体的には、経営戦略、マーケティング、財務、法務など経営全般に関する知識をはじめ・・・

ヒューマンタッチ水戸 就職難易度

ヒューマンタッチの就職難易度は4です。 ヒューマンは資格・教育の取得と人材開発を展開しています。 ヒューマンアカデミーの関連会社で使えるエンジニア関係の発掘を行っています。 市場価値・・・

システムエグゼ名古屋 就職難易度

システムエグゼ名古屋の就職難易度は3です。 ITで新たな未来を作っていきます。 お客様からのナンバーワンのパートナーを目指していきます。そしてたくさんのありがとうをいただけるように頑張って・・・


「簿記資格 難易度」のトップへ↑
「就職 難易度」のトップへ↑