就職 難易度のTOPに戻る
「就職 難易度」トップ >  妙に求人が多いけど > 保険会社 就職難易度


保険会社 就職難易度

保険会社の就職難易度は2です。

保険会社の仕事は事務系もありますが、9割以上がいわゆる「保険営業」の職員として働きます。

保険会社の人から「うちに来ませんか?」と誘われて保険会社に入社する人がほとんどです。

保険には生命保険と損害保険がありますが、どちらにせよ保険を販売するためには「保険募集人」という資格が必要です。

しかし、「保険募集人資格」は保険会社に入社後約1か月で取得できます。

※保険募集人資格は2週間も勉強すれば受かります。

保険営業はとても大変な仕事です。

当然「ノルマ」があります。

売れなかったらクビになります。

保険業界の離職率は90%以上です。

それだけ多くの人が保険を売れずに業界を去っていきます。

本当に甘くない厳しい業界だと思ってください。

超弱肉強食」の世界です。

また、保険業界はブラックな業界です。

激務、セクハラ、パワハラは当たり前です。

国内生保の生保レディの間では「枕営業」は未だにあるようです。

保険会社で働かないか」と誘ってくる保険会社の人が言うようなバラ色の仕事ではありません。

保険業界に行くなら、本当に覚悟しましょう。

しかし、本当に覚悟ができた人だけが、年収1000万、2000万、3000万円以上の収入を得て、成功することができます。

法人・個人問わず、たくさんのお客様と良い関係を築くことができます。

保険業は、きちんとやればとても可能性のある仕事です。

保険営業」という仕事は、世間から嫌われていることを知っておきましょう。

名刺を出した途端、「あぁ、保険屋か」と悪い印象で見られることがほとんどです。

保険会社・保険営業のイメージは、あまり良くありません。

それは、保険を無理やり営業したり、保険業界は離職率が高いため「すぐに担当が変わる」というのが嫌な人が多いのです。

実は、保険営業の人は借金を抱えている人が多いです。

住宅ローンやカーローンではなく、いわゆる「サラ金」などの借金です。

保険営業で成果を出すことができず、どんどん借金が膨らんでいき、返せなくなって離職して自己破産する人もたくさんいます。

保険の仕事は営業職ですから、当然毎月の給料は変動します。

売れたら多くなりますし、売れなければ少ないです。

また、保険会社から誘われている人が、入社前に教えてもらえない「保険営業のリスク」がありますので紹介しておきます。

※これを教えてくれない保険会社の採用担当者のところには行ってはいけません。

保険の契約がとれてから、おおむね3年以内に、お客さんが保険の解約や、保険料の払い込みをストップしてしまうと、「戻入(れいにゅう)」といって、その保険が売れたことによってもらった保険の販売手数料を保険会社に返さなければならない決まりがあります。

これはどの保険会社でも同じです。

一度もらったお給料を保険会社に返さなければならないのです。

例えば、保険契約がとれて、保険の販売手数料を100万円もらったとします。

ところが、その保険のお客さんが3年以内に保険料が払えなくなったり、保険を解約したりすると、100万円を保険会社に払わなくてはいけません。

これにより保険営業の仕事は、月によっては「マイナス」ということもあります。

大の大人が1ヶ月一生懸命働いて、収入が0なだけでなく、保険会社にお金を払わなければならないというマイナスの状況が発生することがあるのです。

特に、家族をお持ちの方はかなり苦しい状況になる危険性があります。

戻入のことを入社前に教えてくれるかどうか」は、その保険会社や採用担当者を見極める1つの基準になります。

保険営業の仕事は、売れれば何をしていてもかまいませんが、売れなければ当然休日返上で
仕事をしなければいけません。


早朝から仕事の勉強をして、昼間はひたすら見込み客を見つけ、夜はつきあいで深夜まで働くという仕事です。

最初の2年は1日も休めないと思ってください。

また、営業経費(移動費、接待費、研修費など)は、会社は出してくれません。

すべて自腹で営業しなければいけません。

※これは多くの営業職と大きく異なる点です。

ですから、厳しい経費管理が必要です。

保険営業で年収3000万円稼ぐ人も、経費がかかる仕事のため、ほとんど残らないのが現実です。

いずれ大きな契約をとって取り返す」と思って、多額の経費を使い、結局保険がとれず、借金が膨らんでいくという方がたくさんいます。

保険営業の仕事に就くと、副業やアルバイト・パートは法律で禁じられているため一切できません。

保険が売れないからアルバイトをする」ということは一切できないのです。

保険を売るしかない」ということです。

このように、保険営業は本当に厳しい仕事です。

保険会社の採用担当者も「1年に〇人採用しなければならない」というノルマがあるため、
「夢のある仕事です!」「年収1000万円以上稼げます!」「あなたは今の会社ではもったいない!」と誘ってきます。

しかし、離職率90%以上の業界です。

そのほとんどは実現しません。

本当に一握りの人だけが、サラリーマンでは実現できないような年収を稼げます。

営業に興味がある方は、まずは営業の勉強をしてみるのが良いでしょう。

就職支援付きの無料営業スクールがあります。

まずはそうしたところで営業の基礎を学んでから営業職に進む方が良い結果を出すことができます。
関連コンテンツ

キャバクラ 就職難易度

キャバクラ・クラブ・ホストクラブの就職難易度は2です。 学歴・資格・経験は必要ありませんが、ある程度の「見た目」が必要です。 夜の仕事はとても大変だと覚悟してください。 確かに給料は・・・

家電量販店 就職難易度

家電量販店の就職難易度は2です。 ヤマダ電機、ケーズデンキ、ノジマ、ビックカメラ、ヨドバシカメラ、ジョーシン電機などありますが、資格・経験がなくても働けます。 家電量販店で働く人は、パート・・・

スーパー 就職難易度

スーパーの就職難易度は1です。 学歴・資格・経験がなくても働けます。 最初はパート・アルバイトの方が多いです。 離職する人も多く、人の出入りが多いので、常に求人がある状態です。 ・・・

ドラッグストア 就職難易度

ドラッグストアの就職難易度1です。 学歴・資格・経験がなくても働けます。 最初はパート・アルバイトの方が多いです。 離職する人も多く、人の出入りが多いので、常に求人がある状態です。 ・・・

飲食店 就職難易度

飲食店の就職難易度は1です。 飲食店の求人はいつも大量にあります。 その多くはパート・アルバイトです。 飲食店は接客業のため、とても厳しい仕事です。 料理はスピーディーに提供し・・・

引っ越し業 就職難易度

引っ越し業者の就職難易度は1です。 引っ越しの求人は常に大量にあります。 その多くはアルバイトが多く、若い方を中心に仕事をする人が多いです。 肉体労働のため、体力に自信がある方、スポ・・・

不動産会社 就職難易度

不動産会社の就職難易度は2です。 不動産会社、特に「不動産営業」の求人はいつでもあります。 主には、ハウスメーカーの営業、マンション営業、投資用不動産(マンション)の営業職は、いつも人を募・・・

テレマーケティング 就職 難易度

テレコミュニケーターの就職の難易度はかなり高くなっています。 企業が設置したコールセンターで、電話で顧客対応をする仕事です。 テレコミュニケーターはインバウンド(受信)サービスとアウトバウ・・・

ウイリー 就職難易度

ウイリーの就職難易度は3です。 高品質な商品開発を実現するために、包括的なイノベーションソフトウェア開発に挑戦し続けます。 柔軟性の高い統合生産管理システム・世界でも有数の実績のあるCAD・・・

セイノーフィナンシャル 就職難易度

セイノーフィナンシャルの就職難易度は3です。 物流を通じてお客様に喜んでいただける最高のサービスを常に提供していき国家社会に貢献するとなっています。 輸送サービスの付加価値を高めることでお・・・

ソフィア総合研究所 就職難易度

ソフィア総合研究所の就職難易度は4です。 高品質のIT技術とそれによって創りだされる成果物を提供することによって、地域産業のさらなる情報化の強化・拡大に貢献する企業になっています。 高い技・・・

キステム株式会社 就職難易度

キステム株式会社の就職難易度は4です。官公庁・流通サービス・製造業・教育機関・医療機関の方たちを中心にソリューションやシステム開発を行っています。 官公庁では、施設管理ソリューション・内部ソリュ・・・

システムリサーチ 就職難易度

システムリサーチの就職難易度は5です。 システムリサーチは時代を開くソリューション経営を行っています。時の流れに逆らわない・人心を集めて判断する・すべて自己責任・強い責任感・サービス業という気持・・・