就職 難易度のTOPに戻る
「就職 難易度」トップ >  資格を活かせそうだけど > ホームヘルパー 就職難易度


ホームヘルパー 就職難易度

ホームヘルパーの就職難易度は1です。

資格もいらず、求人数が多いです。

ホームヘルパーの仕事は、高齢者の方や、障害を抱える方の日常生活上で困難なことを手助けする仕事です。

利用者のところへ訪問し介護する仕事です。

業務内容は「身体介護」「生活援助」「相談・助言」の3つがあります。

ホームヘルパーの仕事内容は、トイレ介助、食事介助、着替え介助、入浴介助、身だしなみの介助、服薬の介助、体位変換、付き添い介助、住居の掃除、食事の用意、洗濯、買い物の
代行などがあります。

また、生活や介護について利用者さんに相談されたら助言・アドバイスを行います。

就職先は「訪問介護事業所(ヘルパーステーション)」になります。

ホームヘルパーの仕事は肉体的にも精神的にも大変な仕事です。

利用者さんと合わない、体力的に辛い、利用者さんの身の回りの世話で精神的に辛いなどあります。

また、ホームヘルパーの多くは女性です。

事業所での女性同士の人間関係にストレスを感じる人も多いようです。

また、ホームヘルパーは腰痛持ちの人が多いです。

仕事の性質上、重いものや利用者を支える・抱きかかえるなど、腰に負担のかかる仕事です。

ホームヘルパーの資格がなくても、訪問介護事業所の介護現場スタッフとして働いている人はたくさんいます。

しかし、介護の最低限の知識がないと務まらないため、「介護職員初任者研修」を取得する人が多いです。

介護職員初任者研修は、従来の「ホームヘルパー2級」に相当する新しい資格です。

16歳以上であれば、誰でも受講資格があります。

各都道府県が指定した養成機関で介護職員初任者研修の養成講座を受講して、試験に合格すると資格を取得できます。

養成機関には通学制の学校や通信講座などがあります。

養成講座の受講期間は3ヵ月から6ヵ月くらいで、受講費用は7万円から10万円程度です。

※介護施設によっては、働きながら無料で資格を取得させてくれるところもあります。

介護職員初任者研修は、介護職に就く人にとって最も基本とされる資格です。

介護職員初任者研修を修了して、そこから3年以上の実務経験を積むことでサービス提供責任者になれたり、将来的に介護福祉士を目指すこともできます。

介護業界の仕事は体力的にきついのに、給料が低いと言われています。

ホームヘルパーは女性の割合が多く、人材不足で就職には困りませんが、雇用形態はパートが多く、ボーナスや手当がない事業所が多いです。

また、利用者のキャンセルが出ると、その分減ってしまい、収入が下がります。

毎月の収入が変動することが多いため、固定収入は得にくい現実があります。

利用者宅から利用者宅への移動時間は労働時間に含まれないことが多く、その分は給料に反映されません。

訪問介護の場合、1利用者に対して「身体介護」をする場合の時給は1800円から2500円程度、

生活援助」では時給1300円?1600円程度です。

施設スタッフの場合は、時給750円から1000円程度、日給で6000円前後が多いようです。

施設によっては夜勤があり、夜勤手当が勤務1回3000円から5000円ほどです。

正社員だと、月給15万円から20万円くらいです。

ホームヘルパーの年収は、年々上昇傾向にありますが、平均年収がボーナスを入れても250万円から300万円くらいです。

ホームヘルパーの情報をご紹介します。

平均年齢:45.3歳

勤続年数:6.6年

労働時間:165時間/月

超過労働:7時間/月

月額給与:225,100円

年間賞与:341,900円

平均年収:3,043,100円

となっています。

ホームヘルパーは求人が多い分、それだけ多くの人がホームヘルパーの仕事を辞めています。

体力的・精神的に辛い仕事なのに給料が低いことが大きな原因です。

介護職に就こうか迷っている方、介護職の仕事の悩み・体の悩み・精神的な悩み・人間関係の悩み、介護職を辞めたい人は、介護職員のための第三者の相談窓口があるため、そうした
ところに相談してみると良いでしょう。

介護職員のための第三者の相談窓口」として、『全国職業相談センター』をご紹介します。

全国職業相談センター」は就職・転職やお仕事の公平な第三者の相談窓口として、無料で相談を受けている機関です。
「自分に合う職場がわからない」
「介護職を辞めたい」
などの相談を無料で受けています。

気軽に相談してみると良いでしょう。

『全国職業相談センター』へのお問い合わせはこちら

また、介護職で就職・転職をしたい方は、きちんと相談にのってくれて、公開されていない会社の情報も教えてくれて、ご自身に合う会社を紹介してくれる信頼できる転職エージェントに相談してみると良いでしょう。

信頼できる転職エージェントの情報はこちら
関連コンテンツ

弁護士 就職難易度

弁護士の就職難易度は8です。 資格が必要な仕事のため、誰でもできる仕事ではありません。 弁護士は法律の専門家として、基本的人権を守り、社会正義の実現を目指す仕事です。 弁護士の多くは・・・

保育士 就職難易度

保育士の就職難易度は5です。 資格が必要な仕事のため、誰でもできる仕事ではありません。 保育士は保育所や児童福祉施設で0歳から6歳までの子どもを預かり、保育をする仕事です。 主に女性・・・

社会保険労務士 就職難易度

社会保険労務士の就職難易度は8です。 資格が必要な仕事のため、誰でもできる仕事ではありません。 社会保険労務士は「社会保険」や「労働」の法律の専門家です。 社会保険や労働の知識を活か・・・

ケアマネージャー 就職難易度

ケアマネージャーの就職難易度は6です。 資格や現場経験が求められるため、難易度は高いです。 ケアマネージャーとは、正式名称を「介護支援専門員」といいます。 介護を必要とする高齢者と介・・・

介護福祉士 就職難易度

介護福祉士の就職難易度は3です。 「介護福祉士」自体は国家資格のため、取得するのに年数もかかりますが、介護職自体は資格がなくても就くことができます。 介護福祉士は、日常生活が困難な高齢者や・・・

美容師 就職難易度

美容師の就職難易度は3です。 美容師として働くには「美容師」の国家資格が必要です。 美容学校(昼間部2年、夜間部2年、通信科3年)を卒業すると、国家試験の受験資格を得ることができ、国家試験・・・

医療事務 30代 就職難易度

医療事務は病院・診療所での受付や会計、カルテ管理・入力処理、レセプト業務などを行う仕事です。 レセプト作成や会計業務を行うためには医療や薬の知識が必要です。 高齢化社会に伴い今後ますます需・・・

秘書 30代 就職 難易度

秘書は企業のトップ、政治家など専門職の人の補佐役として、庶務管理・処理を行う仕事です。 社内外との連絡や応対、文書作成、資料・情報の収集整理、スケジュール調整など、上司の仕事がスムーズに進むサポ・・・

経理 就職 難易度

経理は会社のお金の流れを管理する仕事です。 経理事務の仕事の内容としては入出金の管理、収支の管理、財務諸表の作成、税理士との折衝、公認会計士との折衝、事業部の収支の報告管理、取引き先の入出金管理・・・

OA事務 就職 難易度

OA事務は会社内での資料や契約書などの書類作成、PC作業、電話・来客応対やメール応対、郵便物の仕分け、ファイリング・データ集計などを行う仕事です。派遣スタッフ、または契約社員として企業へ派遣されること・・・

治験事務 就職 難易度 

治験事務は新しい薬を開発する部門でのサポート事務の仕事です。 ・業務ルールや手順書の管理や改訂がある場合の処理 ・医薬品の開発に関わる文書(治験文書)の受付、管理 ・治験監査を行う部署との対・・・

証券事務 就職 難易度 

証券事務の仕事内容は、顧客口座の管理・各種データ登録や約定業務・証券に関する入力やチェック・帳票の仕訳・ファイリング・国内外のお客様のホテル、ハイヤー、新幹線チケット、レストラン予約、観光・会議などの・・・

生保事務 就職 難易度

生保事務の仕事は、契約書類の内容チェック・入力・書類作成・お客様や営業さんからの電話応対・備品発注・お茶だし・保険会社の支社における新契約、保全書類の受付および本社への送付・契約書の入力、チェック・W・・・

データマネジメント 就職 難易度 

データマネジメントは医薬品の臨床開発関連の仕事内容となっています。 調査票受領処理・データ確認作業、調査票目視チェック・再調査(クエリ)案作成・資材、調査票の発送関連業務・システム入力・各種資料・・・

損保事務 就職 難易度 

損保事務は損害保険会社や保険代理店で、加入帳票内容チェック〜システムへの入力、ファイリング、管理・事故受付・営業資料作成の補助・代理店の方への対応・入金チェック・書類準備 ・電話応対・契約書類チェッ・・・

PCオペレーター 就職 難易度

PCオペレーターはWord・Excel・Access・PowerPointなどを使ってデータや文章を作成する仕事です。企業によっては、電話応対やデータ管理を行うところもあります。 就職の難易度は・・・

NDSインフォス 就職難易度

NDSインフォスの就職難易度は4です。 今まで関わったすべての方に感動をいただくため、情熱をもって信頼の技術と品質そしてサービスを提供してきました。 今後もソフトウエア技術を基盤として相談・・・